監修・執筆:鈴木雅大 作成日:2010年8月5日(2020年1月21日更新)
掲載種数:64種,1変種,1品種(非合法名1種,裸名1種,実体不明5種を含む)
 
アミジグサ目 Order DICTYOTALES Bory, 1828
  Note: 文献によっては,Dictyotalesの著者名を"Kjellman in Engler & Prantl, 1896"とするものがありますが,Bory (1828) のp. 142に"Dictyotales"の記述があることから,Dictyotalesの初出及び著者名は"Bory, 1828"になると考えられます。(鈴木)
 
  アミジグサFamily Dictyotaceae J.V. Lamouroux ex Dumortier, 1822
   
    アミジグサ連 Tribe Dictyoteae J.V. Lamouroux 1809
   
    アミジグサ属 Genus Dictyota J.V. Lamouroux, 1809 nom. cons.
    [= サナダグサ属 Pachydictyon J. Agardh, 1894]
      イワアミジ Dictyota adhaerens Noda
      Note: 吉田(1998)は,本種の原記載(Noda 1965)においてタイプを明記していないことから国際植物命名規約(現 国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN))において,非正式名(invalid name)としました。ICNの第40.3条と第 40.6条より,1990年1月1日より前に記載された種では,「タイプ」や「タイプ標本」が明示されていなくても,タイプに関する詳細が引用されていればタイプ指定として受け入れられます。本種の原記載には採集地と採集日が記されています。標本番号は無いもののタイプの引用とみなされる可能性があります。ただし,Noda (1965)のFig.1には複数の図が描かれており,単一の標本かどうか議論の余地があります。解釈が難しいところですが,本サイトでは本種を正式発表されているものと判断しました。(鈴木)
      オオマタアミジ Dictyota bartayresiana J.V. Lamouroux
        [= コモンアミジ Dictyota patens J. Agardh]
        Note: De Clerck (2003) は,コモンアミジ(D. patens)をD. bartayresianaと同種(シノニム)としました。(鈴木)
    オオマタアミジ(写真で見る生物の系統と分類)
      ビンガアミジ "Dictyota binghamiae" auct. non Noda 1969 [実体不明]
      Note: 田中・吉田(1998)は,Noda (1969) が報告したDictyota binghamiaeは本来のD. binghamiaeとは別種であり,誤同定であると指摘しています。著者もアミジグサ(D. dichotoma auct. japon.)の一形態と考えていますが,標本に基づいた精査が行われていないため,現時点では実体不明種と考えられます。(鈴木)
      ヨレアミジ "Dictyota cervicornis" auct. non Noda 1965 [実体不明]
      Note: 田中・吉田(1998)は,Noda (1965) が報告したDictyota cervicornisは本来のD. cervicornisとは別種であり,誤同定であると指摘しています。しかし,「ヨレアミジ」は既知の日本産アミジグサ属とは異なる特徴を持ち,この特徴が既知種の形態変異によるものか,独立種なのか判断が尽きませんでした。標本に基づいた精査が行われていないため,現時点では実体不明種と考えられます。(鈴木)
      サナダグサ Dictyota coriacea (Holmes) I.K. Hwang, H.-S. Kim & W.J. Lee
        [≡ Glossophora coriacea Holmes]
        [≡ Pachydictyon coriaceum (Holmes) Okamura]
        Note: Hwang et al. (2004b) は,本種をPachydictyon属からアミジグサ属(Dictyota)に移しました。(鈴木)
    サナダグサ(写真で見る生物の系統と分類)
      アミジグサ "Dictyota dichotoma" auct. non Okamura 1902
        Note: 太平洋で報告されているDictyota dichotomaは大西洋のD. dichotomaとは種類が異なることが指摘されています(Hwang et al. 2005など)。Lee et al.は,韓国のD. dichotomaに対して,D. koreanaという名前を与え,GenBankにもその名前で塩基配列が登録されていますが,記載文や判別文を伴って発表されたことはなく,裸名(nomen nudum)になります。(鈴木)
    アミジグサ(写真で見る生物の系統と分類)
      サキビロアミジ Dictyota dilatata Yamada nom. illeg. [非合法名]
      Note: Dictyota dilatata YamadaはD. dilatata Poiletの後続同名(later homonym)となるため、国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN)において非合法名(illegitimate name)です。(鈴木)
      カヅノアミジ Dictyota divaricata J.V. Lamouroux
      Note: De Cleark (2003) はDictyota divaricataD. dichotoma var. intricataと同種(シノニム)としていますが,日本のカヅノアミジが大西洋のD. divaricataあるいはD. dichotoma var. intricataと同種かどうか分類学的な検討が必要です。本リストでは,日本産種の実態が明らかになるまで,従来通り,カヅノアミジの学名をD. divaricataとしました。本種の和名は「カズノ」か「カヅノ」かで仮名遣いに混乱が見られますが,本リストでは,「現代仮名遣い」(内閣告示 1986)に従い,「カヅノ」を用いました。(コラム「海藻和名問題」参照)(鈴木)
      センケイアミジグサ "Dictyota flabellata" auct. non Noda 1969 [実体不明]
      Note: 田中・吉田(1998)は,Noda (1969) が報告したDictyota flabellataは,本来のD. flabellataとは別種であり,誤同定であると指摘しています。著者もアミジグサ(D. dichotoma auct. japon.)の一形態と考えていますが,標本に基づいた精査が行われていないため,現時点では実体不明種と考えられます。(鈴木)
      ハイアミジグサ Dictyota friabilis Setchell
    ハイアミジグサ(写真で見る生物の系統と分類)
      "Dictyota indica" auct. non Noda 1965 [実体不明]
      Note: 田中・吉田(1998)は,Noda (1965) が報告したDictyota indicaは本来のD. indicaとは別種であり,誤同定であると指摘しています。しかし,"D. indica" は既知の日本産アミジグサ属とは異なる特徴を持ち,この特徴が既知種の形態変異によるものか,独立種なのか判断が尽きませんでした。標本に基づいた精査が行われていないため,現時点では実体不明種と考えられます。(鈴木)
      イトアミジ Dictyota linearis (C. Agardh) Greville
    イトアミジ(写真で見る生物の系統と分類)
      オオバアミジグサ Dictyota maxima Zanardini
      Note: De Clerck (2003) は,Dictyota maximaD. ciliolataと同種(シノニム)としています。Tronholm et al. (2013) によると,D. ciliolataは縁辺に明確な鋸歯がありますが,日本のオオバアミジグサの縁辺には鋸歯が見られないことから,オオバアミジグサはD. maximaともD. ciliolataとも異なる種の可能性があります。本リストでは,日本産種の分類が確定するまで,従来通りオオバアミジグサの学名をD. maximaとしました。(鈴木)
      トゲアミジ Dictyota mertensii (Martius) Kützing
        [= Dictyota dentata J.V. Lamouroux]
      Note: De Clerck (2003) は,Dictyota dentataD. mertensiiの異名同種(シノニム)としました。(鈴木)
      Dictyota naevosa (Suhr) Montagne
      Note: Yendo (1909)が肥前で報告しました。(鈴木)
    ヘラアミジグサ Dictyota spathulata Yamada
    ハリアミジグサ Dictyota spinulosa Harvey
      ミドリアミジグサ Dictyota virellus Noda
        Note: 吉田(1998)は,本種の原記載(Noda 1971)においてタイプを明記していないことから国際植物命名規約(現 国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN))において,非正式名(invalid name)としました。ICNの第40.3条と第 40.6条より,1990年1月1日より前に記載された種では,「タイプ」や「タイプ標本」が明示されていなくても,タイプに関する詳細が引用されていればタイプ指定として受け入れられます。本種の原記載には採集地,採集日,採集者が記されており,標本番号は無いもののタイプの引用とみなされると考えられます。解釈が難しいところですが,本サイトでは本種を正式発表されているものと判断しました。(鈴木)
     
  ニセアミジ属 Genus Rugulopteryx De Clerck & Coppejans in De Clerck et al., 2006
      フクリンアミジ Rugulopteryx okamurae (E.Y. Dawson) I.K. Hwang, W.J. Lee & H.S. Kim
        [≡ Dilophus okamurae E.Y. Dawson]
        [≡ Dictyota okamurae (E.Y. Dawson) Hörnig, R.Schnetter & Prud'homme van Reine]
        [= Dictyota marginata Okamura nom. illeg.]
        [= Dilophus marginatus (Okamura) Okamura nom. illeg.]
        Note: Hwang et al. (2009) は,本種をDilophus属からRugulopteryx 属に移しました。(鈴木)
      フクリンアミジ(写真で見る生物の系統と分類)
     
    シマオウギ連 Tribe Zonarieae J.V. Lamouroux 1809
      Note: De Clerck et al. (2006) とBittner et al. (2008) によると,シマオウギ連(Zonarieae)は単系統群としてまとまらず,分類学的検討が必要です。この連の仲間の和名には「〜オウギ」又は「〜オオギ」かで,仮名遣いに混乱がみられるものがありますが,本リストでは「現代仮名遣い」(内閣告示 1986)に従い「〜オウギ」としました。(コラム「海藻和名問題」参照)(鈴木)
     
  ヤハズグサ属 Genus Dictyopteris J.V. Lamouroux, 1809 nom. cons.
      Dictyopteris camiguinensis Tak. Tanaka [実体不明]
      Note: 大葉(1995)は,日本新産種としてDictyopteris camiguinensisを報告しました。大葉(1995)の目録に掲載されている日本新産種は,目録に名前が挙げられているのみで形態情報の記述がありません。また,現時点で標本等の確認が取れておらず,実体不明と考えられます。(鈴木)
      エゾヤハズ Dictyopteris divaricata (Okamura) Okamura
        [≡ Haliseris divaricata Okamura]
        [≡ Neurocarpus divaricata (Okamura) M. Howe]
        [= Haliseris evanescens Yendo]
    エゾヤハズ(写真で見る生物の系統と分類)
    オオバヤハズ Dictyopteris fucoides Tak. Tanaka
      ヤハズグサ Dictyopteris latiuscula (Okamura) Okamura
        [≡ Haliseris latiuscula Okamura]
        [≡ Neurocarpus latiuscula (Okamura) Okamura]
    ヤハズグサ(写真で見る生物の系統と分類)
      コモングサ Dictyopteris pacifica (Yendo) I.K. Hwang, H.-S. Kim & W.J. Lee
        [≡ Spatoglossum pacificum Yendo]
        ["Spatoglossum cornigerum" auct. non Yendo 1916]
        ["Spatoglossum solieri" auct. non Yendo 1916]
        Note: Hwang et al. (2004a) は,本種をSpatoglossum属からヤハズグサ属(Dictyopteris)に移しました。(鈴木)
    コモングサ(写真で見る生物の系統と分類)
    リボンヤハズ Dictyopteris papenfussii Tak. Tanaka
      スジヤハズ Dictyopteris plagiogramma (Montagne) Vickers
        [≡ Haliseris plagiogramma Montagne]
      [≡ Neurocarpus plagiogramma (Montagne) Kuntze]
      ウラボシヤハズ Dictyopteris polypodioides (De Candolle) J.V. Lamouroux
      [= Dictyopteris membranacea (Stachhouse) Batters]
      ヘラヤハズ Dictyopteris prolifera (Okamura) Okamura
        [≡ Haliseris prolifera Okamura]
        [≡ Neurocarpus prolifera (Okamura) Kuntze]
    ヘラヤハズ(写真で見る生物の系統と分類)
      ウスバヤハズ Dictyopteris punctata Noda
    ウスバヤハズ(写真で見る生物の系統と分類)
      ヒメヤハズ Dictyopteris repens (Okamura) Børgesen
        [≡ Haliseris repens Okamura]
        [≡ Neurocarpus repens (Okamura) Okamura]
    ヒメヤハズ(写真で見る生物の系統と分類)
      シワヤハズ Dictyopteris undulata Holmes
        [≡ Haliseris undulata (Holmes) Okamura]
        [≡ Neurocarpus undulata (Holmes) Okamura]
    シワヤハズ(写真で見る生物の系統と分類)
      Neurocarpus undulata f. plana Okamura
        Note: Neurocarpus属はDictyopteris属に含まれました。N. undulataの品種として記載されたf. planaDictyopteris属との組み合わせは行われていません。(鈴木)
     
  フタエオウギ属 Genus Distromium Levring, 1940
      フタエオウギ Distromium decumbens (Okamura) Levring
        [≡ Chlanidote decumbens Okamura]
        [= Chlanidote repens Okamura]
         [≡ Chlanidophora repens (Okamura) Okamura]
     
  ヤレオウギ属 Genus Homoeostrichus J. Agardh, 1894
      ヤブレオウギ Homoeostrichus flabellatus Okamura
        [≡ Zonaria flabellata (Okamura) Papenfuss]
        ["Homoeostrichus sinclairii" auct. non Okamura 1923]
        Note: 岡村(1931, 1936)はHomoeostrichus flabellatusの和名を「ヤブレオウギ」,Homoeostrichus属の和名を「ヤレオウギ属」としています。本リストでは,岡村(1931)に従い,H. flabellatusの和名を「ヤレオウギ」ではなく「ヤブレオウギ」としました。(コラム「海藻和名問題」参照)(鈴木)
     
    ハイオウギ属 Genus Lobophora J. Agardh, 1894
    Note: Lobophora variegataはBittner et al. (2008) などによって複数の隠蔽種を含んでいることが示唆されておりました。Sun et al. (2012)は北太平洋東岸とオーストラリア南東部のハイオウギ属を整理し,日本の南西諸島でL. variegataとして報告されてきた種をL. asiatica, L. crassa, L. pachyventeraの3種に分けました。これまで「ハイオウギ」と呼ばれてきたもの(L. variegata auct. japon.,Pocockiella variegata auct. japon.,Gymnosorus collaris auct. japon.)は,3種を混同してきたものと考えられます。(鈴木)
      Lobophora asiatica Z. Sun, Ji. Tanaka & H. Kawai
        ["Gymnosorus collaris" auct. non Okamura 1907 p.p.]
        ["Pocockiella variegata" auct. non Segawa 1956 p.p.]
      ["Lobophora variegata" auct. non Yoshida 1998 p.p.]
      Lobophora crassa Z. Sun, P.-E. Lim & H. Kawai
        ["Gymnosorus collaris" auct. non Okamura 1907 p.p.]
        ["Pocockiella variegata" auct. non Segawa 1956 p.p.]
      ["Lobophora variegata" auct. non Yoshida 1998 p.p.]
      Lobophora pachyventera Z. Sun, P.-E. Lim, Ji. Tanaka & H. Kawai
        ["Gymnosorus collaris" auct. non Okamura 1907 p.p.]
        ["Pocockiella variegata" auct. non Segawa 1956 p.p.]
        ["Lobophora variegata" auct. non Yoshida 1998 p.p.]
     
    ウミウチワ属 Genus Padina Adanson, 1763 nom. cons.
    Note: Fan (1953) によると,Okamura (1916) が記載したヒメフクリン(Dilophus radicans)はウミウチワ属(Padina)にみられるVaughaniella-stageと考えられます。(鈴木)
      ウミウチワ Padina arborescens Holmes
    ウミウチワ(写真で見る生物の系統と分類)
      ウスバウミウチワ Padina australis Hauck
    ウスバウミウチワ(写真で見る生物の系統と分類)
    キレバノウスバウミウチワ Padina australis var. cuneata Tak. Tanaka & K. Nozawa
      アカバウミウチワ Padina boryana Thivy
      ["Padina commersonii" auct. non Okamura 1932]
      コナウミウチワ Padina crassa Yamada
        ["Padina pavonia" auct. non Okamura 1902]
        Note: Abbott & Huisman (2004) は本種をP. gymnosporaと同種(シノニム)としましたが,Ni-Ni-Win et al. (2010) に従い,独立の種としました。(鈴木)
    コナウミウチワ(写真で見る生物の系統と分類)
      シマメウミウチワ Padina fasciata Ni-Ni-Win, M. Uchimura & H. Kawai
      Note: Ni-Ni-Win et al. (2010) は,本種を新種記載しました。(鈴木)
      Padina ishigakiensis Ni-Ni-Win, S. Arai, M. Uchimura & H. Kawai
      Note: Ni-Ni-Win et al. (2011) は,南西諸島から本種を新種記載しました。(鈴木)
      オキナウチワ Padina japonica Yamada
        Note: Gaillard (1975)とAbbott & Huisman (2004) は,本種をP. sanctae-crucisと同種としましたが,Ni-Ni-Win (2010) に従い,独立の種としました。(鈴木)
    オキナウチワ(写真で見る生物の系統と分類)
      Padina macrophylla Ni-Ni-Win, M. Uchimura & H. Kawai
      Note: Ni-Ni-Win et al. (2011) は,南西諸島から本種を新種記載しました。(鈴木)
      コガネウミウチワ Padina melemele I.A. Abbott & Magruder
      Note: Ni-Ni-Win et al. (2008) は日本新産種として本種を報告しました。(鈴木)
    ウスユキウチワ Padina minor Yamada
      モフィットウミウチワ Padina moffittiana I.A. Abbott & Huisman
      Note: Ni-Ni-Win et al. (2008) は日本新産種として本種を報告しました。(鈴木)
      Padina ogasawaraensis Ni-Ni-Win, Hanyuda, M. Uchimura & H. Kawai
      Note: Ni-Ni-Win et al. (2018) は小笠原諸島父島から本種を新種記載しました。(鈴木)
      オキナワウミウチワ Padina okinawaensis Ni-Ni-Win, S. Arai & H. Kawai
      Note: Ni-Ni-Win et al. (2010) は,本種を新種記載しました。(鈴木)
      Padina reniformis Ni-Ni-Win & H. Kawai
      Note: Ni-Ni-Win et al. (2018) は,鹿児島県頴娃町石垣から本種を新種記載しました。(鈴木)
    リュウキュウウミウチワ Padina ryukyuana Y.P. Lee & Kamura
      Padina sanctae-crucis Børgesen
      Note: Gaillard (1975)とAbbott & Huisman (2004) は,本種とP. japonicaを同種としていますが,Ni-Ni-Win (2010) によると,本種とP. japonicaは別種であり,日本には本種とP. japonicaの2種が分布しています。(鈴木)
    エツキウミウチワ Padina stipitata Tak. Tanaka & K. Nozawa
      ツチイロウミウチワ Padina terricolor Ni-Ni-Win, M. Uchimura & H. Kawai
      Note: Ni-Ni-Win et al. (2010) は,本種を新種記載しました。(鈴木)
      カサネウミウチワ Padina thivyae Doty & Newhouse
      Note: Ni-Ni-Win et al. (2008) は日本新産種として本種を報告しました。(鈴木)
      シワウミウチワ Padina undulata Ni-Ni-Win, S. Arai & H. Kawai
        Note: Ni-Ni-Win et al. (2010) は,Padina undulataを新種記載しました。(鈴木)
     
    モンナシグサ属 Genus Spatoglossum Kützing, 1843
    Note: コモングサ(Dictyopteris pacifica)がSpatoglossum属からヤハズグサ属(Dictyopteris)に移ったことから,Spatoglossum属の和名はモンナシグサ属となりました。(鈴木)
      モンナシグサ Spatoglossum asperum J. Agardh
      Note: Kitayama (2011) は,日本新産種として本種を報告しました。(鈴木)
      アツバコモングサ Spatoglossum crassum Ji. Tanaka
        [ホソバコモングサ "Spatoglossum variabile" auct. non Yendo 1916]
    アツバコモングサ(写真で見る生物の系統と分類)
      ヒラタコモングサ Spatoglossum kurushimense Yagi nom. nud. [裸名]
      Note: 八木 (1957) に記述がある種類ですが,ラテン語の記載文やタイプの情報が無いため裸名(nomen nudum)と考えられます。(鈴木)
      ヒロハコモングサ Spatoglossum latum Ji. Tanaka
    ヒロハコモングサ(写真で見る生物の系統と分類)
      ゴアンメ Spatoglossum mageshimense (Tak. Tanaka) H. Kawai, Terada & Hanyuda
        [≡ Punctaria mageshimensis Tak. Tanaka]
        Note: Kawai et al. (2020) は本種をハバモドキ属(Puntaria)からモンナシグサ属(Spatoglossum)に移しました。(鈴木)
     
  ジガミグサ属 Genus Stypopodium Kützing, 1843
      ジガミグサ Stypopodium zonale (J.V. Lamouroux) Papenfuss
        [= Stypopodium lobatum Kützing]
     
  シマオウギ属 Genus Zonaria C. Agardh, 1817 nom. cons.
      シマオウギ Zonaria diesingiana J. Agardh
    シマオウギ(写真で見る生物の系統と分類)
      エツキシマオウギ Zonaria stipitata Tak. Tanaka & K. Nozawa
        Note: Phillips (1997) はエツキシマオウギ(Zonaria stipitata)をシマオウギ属(Zonaria)に所属させることに疑問を呈しており,Bittner et al. (2008) は,エツキシマオウギをシマオウギ属からコモングサ属(Spatoglossum)に移しましたが,彼らの分子系統解析の結果はエツキシマオウギが新属となる可能性も示唆しています。エツキシマオウギはシマオウギ属ではないと考えられますが,コモングサ属に含めるかどうかは,更なる分類学的検討が必要です。本リストでは結論を保留し,従来通りシマオウギ属としました。(鈴木)
   
参考文献
 
Bittner, L., Payri, C.E., Couloux, A., Cruaud, C., de Reviers, B. and Rousseau, F. 2008. Molecular phylogeny of the Dictyotales and their position within the Phaeophyceae, based on nuclear, plastid and mitochondrial DNA sequence data. Molecular Phylogenetics and Evolution 49: 211-225.
 
De Clerck, O. 2003. The genus Dictyota in the Indian Ocean. Opera Botanica Belgica 13: 1-205.
 
De Clerck, O., Leliaert, F., Verbruggen, H., Lane, C.E., De Paula, J.C., Payo, D.I. and Coppejans, E. 2006. A revised classification of the Dictyoteae (Dictyotales, Phaeophyceae) based on rbcL and 26S ribosomal DNA sequence data analyses. Journal of Phycology 42: 1271-1288.
 
Fan, K.-C. 1953. The identity of Dilophus radicans Okamura. Reports Laboratory of Hydrobiology University of Taiwan 6: 12-13.
 
Gaillard, J. 1975. Padina sanctae-crucis Boergesen, Padina japonica Yamada, et Padina haitanensis thivy et leurs affinities. Le Botaniste 57: 85-103.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2010. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 10 August 2010.
 
Hwang, I.-K., Kim, H.-S. and Lee, W.J. 2004a. Confirmation on taxonomic status of Spatoglossum pacificum Yendo (Dictyotaceae, Phaeophyceae) based on morphology and pastid coding rbcL, rbcS and psbA sequences. Algae 19: 161-174.
 
Hwang, I.-K., Kim, H.-S. and Lee, W.J. 2004b. Evidence for taxonomic status of Pachydictyon coriaceum (Holmes) Okamura (Dictyotales, Phaeophyceae) based on morphology and plastid protein encoding rbcL, psaA and psbA gene sequences. Algae 19: 175-190.
 
Hwang, I.-K., Kim, H.-S. and Lee, W.J. 2005. Polymorphism in the brown alga Dictyota dichotoma (Dictyotales, Phaeophyceae) from Korea. Marine Biology 147: 999-1015.
 
Hwang, I-K., Lee, W. J., Kim H.-S and De Clerck, O. 2009. Taxonomic reappraisal of Dilophus okamurae (Dictyotales, Phaeophyta) from the western Pacific Ocean. Phycologia 48: 1-12.
 
Kawai, H., Terada, R. and Hanyuda, T. 2020. Molecular phylogeny of Puctaria mageshimensis reveals evidence for its transfer to Spatoglossum as S. mageshimense (Dictyotales, Phaeophyceae). Phycological Research doi: 10.1111/pre.12417.
 
Kitayama, T. 2011. First record of Spatoglossum asperum J.Agardh (Phaeophyceae, Ochrophyta) from Japan. Bulletin of the National Science Museum, Series B (Botany) 37: 47-53.
 
Ni-Ni-Win, Hanyuda, T., Arai, S., Uchimura, M., Abbott, I.A. and Kawai, H. 2008. Three new records of Padina in Japan based on morphological and molecular markers. Phycologiical Research 56: 288-300.
 
Ni-Ni-Win, Hanyuda, T., Arai, S., Uchimura, M., Prathep, A., Draisma, S.G.A., Soe-Htun and Kawai, H. 2010. Four new species of Padina (Dictyotales, Phaeophyceae) from the western Pacific Ocean, and reinstatement of Padina japonica. Phycologia 49: 136-153.
 
Ni-Ni-Win, Hanyuda, T., Arai, S., Uchimura, M., Prathep, A., Draisma, S.G.A., Phang, S.M., Abbott, I.A., Millar, A.J.K. and Kawai, H. 2011. A taxonomic study of the genus Padina (Dictyotales, Phaeophyceae) including the descriptions of four new species from Japan, Hawaii and the Andaman Sea. Journal of Phycology 49: 136-153.
 
Ni-Ni-Win, Hanyuda, T., Kato, A. and Kawai, H. 2018. Two new species of Padina (Dictyotales, Phaeophyceae) from southern Japan, P. ogasawaraensis sp. nov. and P. reniformis sp. nov., based on morphology and molecular markers. Phycologia 57: 20-31.
 
Noda, M. 1965. The species of Dictyotaceae from Sado Island in the Japan Sea. Scientific Reports Niigata University, Ser. D. (Biology) 2: 27-35.
 
Noda, M. 1971. Some new species of marine algae from the northeastern coast of Japan Sea. Scientific Reports Niigata University, Ser. D. (Biology) 8: 53-59.
 
Noda, M. 1987. Marine algae of the Japan Sea. 557 pp. Kazama-shobo, Tokyo.
 
Norris, J. N. 2010. Marine algae of the Northern Gulf of California: Chlorophyta and Phaeophyceae. Smithsonian Contributions to Botany 94: 1-276.
 
Okamura, K. 1916. List of marine algae collected in Caroline and Mariana Islands, 1915. Botanical Magazine, Tokyo 30: 1-14.
 
岡村金太郎 1931. 日本藻類図譜第6巻第6集. 東京. *自費出版
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌. 964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
大葉英雄 1995. 沖縄県慶良間諸島阿嘉島周辺の海藻目録. みどりいし 6: 23-28.
 
Phillips, J. A. 1997. Genus and species concepts in Zonaria and Homoeostrichus (Dictyotales, Phaeophyceae), including the description of Exallosorus gen. nov.. European Journal of Phycology 32: 303-311.
 
Sun, Z., Hanyuda, T., Lim, P.-E., Tanaka, J., Gurgel, C.F.D. and Kawai, H. 2012. Taxonomic revision of the genus Lobophora (Dictyotales, Phaeophyceae) based on morphological evidence and analyses rbcL and cox3 gene sequences. Phycologia 51: 500-512.
 
田中次郎・吉田忠生 1998. 2.5 あみじぐさ目. In: 吉田忠生 著. 新日本海藻誌. pp. 205-234. 内田老鶴圃,東京.
 
Tronholm, A., Afonso-Carrillo, J., Sansón, M., Leliaert, F., Fernández-García, C. and De Clerck, O. 2013. Taxonomy of the Dictyota ciliolata-crenulata complex (Dictyotales, Phaeophyceae). Phycologia 52: 171-181.
 
八木繁一 1957. 瀬戸内海の深海の藻. 採集と飼育 19: 334-338.
 
Yendo, K. 1909. Notes on algae new to Japan. Botanical Magazine 23: 117-133.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

「黄色藻類リスト」のトップに戻る

「日本産海藻リスト」のトップに戻る

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る