監修・執筆:鈴木雅大 作成日:2010年8月5日(2010年12月18日更新)
掲載種数:1種
   
パルモフィルム目 Order PALMOPHYLLALES Zechman, Verbruggen, Leliaert, Ashworth, M.A. Buchheim, M.W. Fawley, H. Spalding, Pueschel, J.A. Buchheim, Verghese & Hanisak, 2010
    Note: Zechman et al. (2010)はSSU rDNA,atpB,rbcL遺伝子を用いた分子系統解析により,パルモフィルム科(Palmophyllaceae)とパルモフィルム目(Palmophyllales)を設立し,パルモフィルム属(Palmophyllum)とVerdigellas属をヨツメモ目(Tetrasporales)パルメロプシス科(Palmelopsidaceae)から区別しました。SSU rDNAを用いた分子系統解析では,パルモフィルム目が広義のプラシノ藻綱(Prasinophyceae sensu lato)であるPrasinococcus属とPrasinoderma属と,統計学的サポートは高くないものの姉妹群の関係となりました。パルモフィルム目とこれらのプラシノ藻類とは形態的に近似する特徴がある事からも妥当と考えられますが,葉緑体コードのatpB,rbcL遺伝子を用いた分子系統解析では統計学的サポートは高くないものの緑藻植物門(Chlorophyta)の基部に来る事が示唆されました。これらの系統解析の結果では,パルモフィルム目,プラシノ藻類,緑藻植物門,ストレプト植物類との関係が解けておらず,パルモフィルム目の門や綱の所属は不確定です。本リストではパルモフィルム目を便宜上,緑藻植物門の中の所属不明としました。(鈴木)
   
  パルモフィルム科 Famly Palmophyllaceae Zechman, Verbruggen, Leliaert, Ashworth, M.A. Buchheim, M.W. Fawley, H. Spalding, Pueschel, J.A. Buchheim, Verghese & Hanisak, 2010
    Note: Silva (1980) は,パルモフィルム属(Palmophyllum)をパルメロプシス科(Palmellopsidaceae)のメンバーとしましたが,Zechman et al. (2010) に従い,パルモフィルム科としました。(鈴木)
   
  パルモフィルム属 Genus Palmophyllum Kützing, 1847
      Palmophyllum crassum var. orbiculare (Bornet) Feldmann
      Palmophyllum crassum var. orbiculare(写真で見る藻類の系統と分類)
     
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2010. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 5 August 2010.
 
Silva, P.C. 2010. An unrecognized ancient lineage of green plants persists in deep marine waters. Regnum Vegetabile 103: 1-156.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 
Zechman, F.W., Verbruggen, H., Leliaert, F., Ashworth, M., Buchheim, M.A., Fawley, M.W., Spalding, H., Pueschel, C.M., Buchheim, J.A., Verghese, B. and Hanisak, M.D. 2010. An unrecognized ancient lineage of green plants persists in deep marine waters. Journal of Phycology 46: 1288-1295.
 

「緑藻・車軸藻リスト」のトップに戻る

「日本産海藻リスト」のトップに戻る

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る