監修・執筆:鈴木雅大 作成日:2010年8月5日(2014年12月1日更新)
掲載種数:26種,1変種,2品種(非正式名1種,裸名1品種を含む)
 
ヒビミドロ目 Order ULOTRICHALES Borzi, 1895
  [= モツレグサ目 Order Acrosiphoniales Kornmann ex P.C. Silva, 1982]
  Note: Brodie et al. (2007) などに従い,モツレグサ目(Acrosiphonales)をヒビミドロ目(Ulotrichales)に含みました。Hanic & Lindstorom (2008), Cocquyt et al. (2010), Škaloud et al. (2013), Sun et al. (2016) などによる分子系統解析では,ヒビミドロ目は単系統群とならず,アオサ目(Ulvales)を含めた複合クレードとなります。現在,ヒビミドロ目に含まれている科についても,解析によってはアオサ目に含まれるものもあるため,系統関係及び分類が混乱しています。本リストでは,便宜上,従来通りの分類体系としました。(鈴木)
 
  カプサアオノリ科 Family Capsosiphonaceae V.J. Chapman, 1952
    Note: Brodie et al. (2007) とSun et al. (2016) に従い,カプサアオノリ科(Capsosiphonaceae)をアオサ目(Ulvales)からヒビミドロ目(Ulotrichales)に移しました。(鈴木)
   
  カプサアオノリ属 Genus Capsosiphon Gobi, 1879
      カプサアオノリ Capsosiphon fulvescens (C. Agardh) Setchell & N.L. Gardner
 
  ランソウモドキ科 Family Collinsiellaceae Chihara, 1967
   
  ランソウモドキ属 Genus Collinsiella Setchell & N.L. Gardner, 1903
      シワランソウモドキ Collinsiella cava (Yendo) Printz
        [≡ Ecballocystis cava Yendo]
      シワランソウモドキ(写真で見る生物の系統と分類)
    コツブランソウモドキ Collinsiella japonica (Yendo) Printz
        [≡ Ecballocystis japonica Yendo]
      ランソウモドキ Collinsiella tuberculata Setchell & N.L. Gardner
        [≡ Ecballocystis tuberculata (Setchell & N.L. Gardner) Wille]
   
  ニセランソウモドキ属 Genus Collinsiellopsis Chihara, 1967
      ニセランソウモドキ Collinsiellopsis expansa Chihara
 
  マキヒトエグサ科 Family Gayraliaceae K.L. Vinogradova, 1969
    Note: Brodie et al. (2007) に従い,マキヒトエ(Monostroma oxyspermum)をカイミドリ科(Gomontiaceae)から,Gayraliaceae,Gayralia属に移しました。(鈴木)
   
  マキヒトエグサ属 Genus Gayralia K.L. Vinogradova, 1969
      マキヒトエ Gayralia oxysperma (Kützing) K.L. Vinogradova ex Scagel et al.
        [≡ Monostroma oxyspermum (Kützing) Doty]
      [= ラッパヒトエ Monostroma tubiforme Iwamoto nom. inval.] [非正式名]
      Gayralia oxysperma f. wittrockii (Bornet) P.C. Silva
        [≡ Monostroma wittrockii Bornet]
        Note: Silva et al.(1996)に従い,M. wittrockii をマキヒトエ(Gayralia oxysperma)の品種としました。(鈴木)
 
  カイミドリ科 Family Gomontiaceae De Toni, 1889
    [= ヒトエグサ科 Family Monostromataceae Kunieda, 1934]
    Note: Brodie et al. (2007)に従い,ヒトエグサ科(Monostromataceae)をGomontiaceaeに含めました。 本リストでは,Gomontiaceaeの和名をカイミドリ科としました。(鈴木)
 
    カイミドリ属 Genus Gomontia Bornet & Flahault, 1888
    Note: Brodie et al. (2007)に従い,カイミドリ属(Gomontia)をタマミドリ目(Chlorococcales)からヒビミドロ目(Ulotrichales),カイミドリ科(Gomontiaceae)に移しました。(鈴木)
      カイミドリ Gomontia polyrhiza (Lagerheim) Bornet & Flahault
 
    ヒトエグサ属 Genus Monostroma Thuret, 1854
    Note: Brodie et al. (2007)に従い,ヒトエグサ属(Monostroma)をアオサ目(Ulvales)からヒビミドロ目(Ulotrichales),カイミドリ科(Gomontiaceae)に移しました。Bast (2015)は,「Papenfuss (1960) がヒトエグサ属のタイプ種としてマキヒトエ(M. oxyspermum(現 Gayralia oxysperma))を指定している」と考え,マキヒトエグサ属をMonostromaとし,ヒトエグサ属をGayraliaとすべきと主張しています。しかし,Monostroma属のタイプ種は,Pfeiffer (1874) によってM. bullosumが指定されているため,Papenfuss (1960)によるタイプ指定は不要だったことが,Silva et al. (1996)やAlgaebaseによって議論されています。従ってBast (2015)の解釈は誤りです。Bast (2015) は,ヒトエグサ属をヒトエグサ科(Monostromataceae)としてカイミドリ科から移すことや,M. angicavaM. grevilleiUlvopsis属に移すことなどを提唱していますが,分類学的な検討に足るデータが示されたとは言い難いため,本サイトでは判断を保留しました。今後の分類学的検討が必要です。(鈴木)
    シンカイヒトエグサ Monostroma alittoralis Tak. Tanaka & K. Nozawa
      エゾヒトエグサ Monostroma angicava Kjellman
      エゾヒトエグサ(写真で見る生物の系統と分類)
      Monostroma angicava f. cylindricum Yamada nom. nud. [裸名]
      Note: Noda (1962) などが引用していますが,Yamada (1932) のpl. 32のlegendに「f. cylindricum」と記述されているのみで,記載文・判別文が無く,正式発表された品種ではない裸名 (nomen nudum) と考えられます。
      キタヒトエグサ Monostroma arcticum Wittrock
      Note: 吉田(1998)は,本種とウスヒトエグサ(Monostroma grevillei)との類似を指摘しています。Gabrielson et al. (2012) は本種をウスヒトエグサの変種(M. grevillei var. arcticum)としています。(鈴木)
    アツカワヒトエ Monostroma crassidermum Tokida
      アツバヒトエ Monostroma crassissimum Iwamoto nom. inval. [非正式名]
      Note: 吉田(1998)によると,本種は発表時にタイプ指定されておらず,国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN)において非正式名(invalid name)です。(鈴木)
      ウスヒトエグサ Monostroma grevillei (Thuret) Wittrock
      ウスヒトエグサ(写真で見る生物の系統と分類)
      Monostroma grevillei var. vahlii (J. Agardh) Rosenvinge
        [≡ Monostroma vahlii J. Agardh]
      Note: 岡村(1936) などに掲載されています。
      ヒトエグサ Monostroma nitidum Wittrock
        [= ヒロハノヒトエグサ Monostroma latissimum Wittrock]
        [= Monostroma kuroshioense Bast]
        Note: Bast(2015)は,日本産のヒトエグサがMonostroma nitidumとは別種であるとしてM. "kuroshiense"という学名を提唱しました。原記載ではM. "kuroshiensis" (Yendo) Bast nom. nov.として発表しています。この学名は"M. latissimum" auct. non Yendo (1917)という同定の誤りを基礎異名とした新名(new name)ということですが,著者引用の明らかな間違いです。ただし、記載文とタイプの指定は成されているので国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN)41.7, 41.8において,正式発表の要件は満たしていると考えられます。また,種形容語の"kuroshiense"は"kuroshioense"の誤りと考えられます。従来,「黒潮」をラテン語化した種形容語は"kuroshioense"と綴られることから,著者(Bast)の意図は不明ながら"kuroshioense"に修正出来ると考えられます。以上の経緯から,本サイトではM. kuroshioense Bastに訂正して掲載しました。なお,この種はM. nitidumM. latissimumを含む類似種との比較検討が成されていません。分類学的な論文としては受け入れ難く,今後十分な検討が成されるまでヒトエグサとの関係は保留しました。(鈴木)
        ヒトエグサ(写真で見る生物の系統と分類)
 
  ヒビミドロ科 Family Ulotrichaceae Kützing, 1843
    [= モツレグサ科 Family Acrosiphoniaceae Jónsson, 1959]
   
    モツレグサ属 Genus Acrosiphonia J. Agardh 1846
    Note: Brodie et al. (2007)に従い,モツレグサ属(Acrosiphonia)をモツレグサ目(Acrosiphoniales)からヒビミドロ目(Ulotrichales),ヒビミドロ科(Ulotrichaceae)に移しました。モツレグサがSpongomorpha属からAcrosiphonia属に移ったことから,Acrosiphonia属の和名を「モツレグサ属」としました。(鈴木)
      モツレグサ Acrosiphonia duriuscula (Ruprecht) Yendo
        [≡ Spongomorpha duriuscula (Ruprecht) Collins]
        [= カタモツレグサ Spongomorpha duriuscula var. cartilaginea (Ruprecht) Yamada]
        [= Spongomorpha duriuscula var. tenuis Yamada]
        [= キタミモツレグサ Spongomorpha breviarticulata Sakai]
      Note: Kato et al. (2001), Lindberg & Lindstrom (2010)に従い,モツレグサ(Spongomorpha duriuscula)をスポンゴモルファ属(Spongomorpha)からモツレグサ属(Acrosiphonia)属に移しました。(鈴木)
      トゲナシモツレグサ Acrosiphonia saxatilis (Ruprecht) K.L. Vinogradova
        [≡ Spongomorpha saxatilis (Ruprecht) Collins]
        ["Spongomorpha arcta" auct. non Yendo 1915]
        Note: Silva et al. (1996) に従い,トゲナシモツレグサ(Spongomorpha saxatilis)をスポンゴモルファ属(Spongomorpha)からモツレグサ属(Acrosiphonia)属に移しました。(鈴木)
 
    シワヒトエグサ属 Genus Protomonostroma K.L. Vinogradova, 1969
    Note: 本属の科の所属は安定しておらず,ヒビミドロ科(Ulotrichaceae),カイミドリ科(Gomontiaceae),マキヒトエグサ科(Gayraliaceae)のどれに充てるかで意見が分かれてきました。本リストでは,Hanik & Lindstrom (2008) に従い,ヒビミドロ科(Ulotrichaceae)のメンバーとしました。(鈴木)
      シワヒトエグサ Protomonostroma undulatum (Wittrock) K.L. Vinogradova
        [≡ Monostroma undulatum Wittrock]
        ["Monostroma pulchrum" auct. non Yendo 1917]
        シワヒトエグサ(写真で見る生物の系統と分類)
   
  ヒモヒトエグサ属 Genus Pseudothrix Hanic & S.C. Lindstrom, 2008
      ヒモヒトエグサ Pseudothrix borealis Hanic & S.C. Lindstrom
        ["Capsosiphon groenlandicus" auct. non Tatewaki in Hori 1994]
        ["Monostroma groenlandicum" auct. non Yamada 1934]
        Note: Hanik & Linsdtrom (2008) はアラスカ産のCapsosiphon groenlandicumを新属Pseudothrixの新種としてP. borealisを記載しました。彼らはまた,太平洋産のC. groenlandicumは全てP. borealisに相当すると述べています。太平洋西岸及び日本産の本種についても検討が必要ですが,本リストではHanik & Lindstrom (2008)の見解に従い,P. borealisに充てました。(鈴木)
   
    スポンゴモルファ属 Genus Spongomorpha Kützing, 1843
    Note: Brodie et al. (2007)に従い,スポンゴモルファ属(Spongomorpha)をモツレグサ目(Acrosiphoniales)からヒビミドロ目(Ulotrichales),ヒビミドロ科(Ulotrichaceae)に移しました。Spongomorpha属の和名として残った3種の内,どれを用いるのが適当か判断がつかなかったため,学名の読みをそのままカタカナ書きとしました。(鈴木)
      イブリモツレグサ Spongomorpha heterocladia Sakai
        [= ホソモツレグサ Spongomorpha mertensii var. tenuis (Tokida) Tokida]
      [= ホソモツレグサ Spongomorpha ochotensis f. tenuis Tokida]
      カギモツレグサ Spongomorpha mertensii (Yendo) Setchell & N.L. Gardner
        [≡ Acrosiphonia mertensii Yendo]
      [= Spongomorpha ochotensis Tokida]
      ウズモツレグサ Spongomorpha spiralis Sakai
 
  ヒビミドロ属 Genus Ulothrix Kützing, 1833
      ヒビミドロ Ulothrix flacca (Dillwyn) Thuret
        [= ホソヒビミドロ Ulothrix pseudoflacca Wille]
      ヒビミドロ(写真で見る生物の系統と分類)
      Ulothrix implexa (Kützing) Kützing
 
    シリオミドロ属 Genus Urospora Areschoug, 1866 nom. cons.
    Note: Brodie et al. (2007)に従い,本属をモツレグサ目(Acrosiphoniales)からヒビミドロ目(Ulotrichales)ヒビミドロ科(Ulotrichaceae)に移しました。 また,Codiolum gregariumは,タマミドリ目(Chlorococcales)エンドスファエラ科(Endosphaeraceae)のメンバーとされてきましたが,Brodie et al. (2007) によると,シリオミドロ属(Urospora)の胞子体世代(Codiolum-phase)と考えられます。(鈴木)
      Urospora acrogona Kjellman
      Note: Kjellman (1897)が長崎県野母崎で記載しました。(鈴木)
    シリオミドロ Urospora penicilliformis (Roth) Areschoug
      オオシリオミドロ Urospora wormskioldii (Mertens ex Hornemann) Rosenvinge
   
参考文献
 
Bast, F. 2015. Taxonomic reappraisal of Monostromataceae (Ulvophyceae: Chlorophyta) based on multi-locus phylogeny. Webbia: Journal of Plant Taxonomy and Geography 2015: 1-15.
 
Brodie, J., Maggs, C.A. and John, D.M. 2007. Green seaweeds of Britain and Ireland. 242 pp. London: British Phycological Society.
 
Cocquyt, E., Verbruggen, H., Leliaert, F. and De Clerck, O. 2010. Evolution and cytological diversification of the green seaweeds (Ulvophyceae). Molecular Biology and Evolution 27: 2052-2061.
 
Gabrielson, P.W., Lindstrom, S.C. and O'Kelly, C.J. 2012. Keys to the seaweeds and seagrasses of Southeast Alaska, British Columbia, Washington, and Oregon. Phycological Contribution No. 8. pp. [i]-iv, 1-192. Hillsborough, North Carolina: PhycoID
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2014. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 1 December 2014.
 
Hanic, L.A. and Lindstrom, S.C. 2008. Life history and systematic studies of Pseudothrix borealis gen. et sp. nov. (=North Pacific Capsosiphon groenlandicus, Ulotrichaceae, Chlorophyta). Algae 23: 119-133.
 
Kato, A., Aruga, H. and Motomura, T. 2001. Research note: identification of a cDNA homologous to the cell-cycle-controlling cdc2 gene in Acrosiphonia duriuscula (Acrosiphoniales, Chlorophyta). Phycological Research 49: 201-206.
 
Kjellman, F.R. 1897. Marina chlorophyceer från Japan. Bihang til Kongliga Svenska Vetenskaps-Akademiens Handlingar, Afd. III 23: 1-44.
 
Lindeberg, M.R. and Lindstrom, S.C. 2010. Field guide to the seaweeds of Alaska. 188 pp. Alaska Sea Grant College Program, Fairbanks.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.1000 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Papenfuss, G.F. 1960. On the genera of the Ulvales and the status of the order. Journal of the Linn. Society (Botany) 56: 303-318, pls. 6.
 
Silva, P.C., Basson, P.W. and Moe, R.L. 1996. Catalogue of the benthic marine algae of the Indian Ocean. University of California Publications in Botany 79: 1-1259.
 
Škaloud, P., Kalina, T., Nemjová, K., De Clerck, O. and Leliaert, F. 2013. Morphology and phylogenetic position of the freshwater green microalgae Chlorochytrium (Chlorophyceae) and Scotinosphaera (Scotinosphaerales, ord. nov., Ulvophyceae). Journal of Phycology 49: 115-129.
 
Sun, S.-M., Yang, S.H., Golokhvast, K.S., Le B. and Chung, G. 2016. Reconstructing the Phylogeny of Capsosiphon fulvescens (Ulotrichales, Chlorophyta) from Korea Based on rbcL and 18S rDNA Sequences. BioMed Research International Article ID 1462916, 6 pages. doi:10.1155/2016/1462916.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

「緑藻・車軸藻リスト」のトップに戻る

「日本産海藻リスト」のトップに戻る

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る