アルベオラータ上門 Superphylum Alveolata
作成日:2010年12月23日(2015年5月5日更新)
 
 渦鞭毛藻類,繊毛虫,アピコンプレクサ,クロメラなどが含まれます。細胞膜の直下にアルベオール小胞と呼ばれる構造を持つことで共通しており,グループとして良くまとまっています。このグループの祖先生物は紅色植物を二次共生した色素体を持っていたと考えられ,現生種の多くが色素体又は退化した色素体を持ち,色素体を持っていないものは,かつて持っていた色素体を二次的に失ったと考えられています。
アルベオラータ上門の系統と色素体の獲得の模式図
 
繊毛虫門 Phylum Ciliophora
*ツリガネムシ,ゾウリムシ,ラッパムシなどの繊毛虫を含みます。
 
ミオゾア門 Phylum Miozoa
 
渦鞭毛藻下門 Infraphylum Dinozoa
*渦鞭毛藻類やヤコウチュウを含みます。渦鞭毛動物門や渦鞭毛植物門(Dinophyta)として,門の階級とする見解もあります。
 
アピコンプレクサ下門 Infrakphylum Apicomplexa
アルベオラータを説明する上で欠かせないグループですが,アピコンプレクサ類はほぼ全て寄生性原生動物で,マラリア原虫のように人に対して重大な病原性を示すものも少なくありません。特別な許可なしには観察・撮影は不可能なことから,撮影は未定です。
 
     
アピコンプレクサ類   クロメラ目    
マラリア原虫(Plasmodium sp.)   クロメラ(Chromela valida    
撮影未定   撮影未定    
 
参考文献
 
Cavalier-Smith, T. 2010. Kingdoms Protozoa and Chromista and the eozoan root of the eukaryotic tree. Biology Letters 6: 342-345.
 
Gómez, F., Moreira, D., and López-García, P. 2010. Neoceratium gen. nov., a new genus for all marine species currently assigned to Ceratium (Dinophyceae). Protist 161: 35-54.
 
井上 勲 2007. 藻類30億年の自然史 藻類から見る生物進化・地球・環境 第2版. 東海大学出版会,秦野(神奈川),643 pp.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A R

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る