Lepidodinium sp.
作成者:大田修平・鈴木雅大 作成日:2011年1月22日
 
レピドディニウム属の1種
Lepidodinium sp.
 
アルベオラータ上門(Superphylum Alveolata),ミオゾア門(Phylum Miozoa),ミオゾア亜門(Subphylum Myzozoa),渦鞭毛下門(Infraphylum Dinozoa),渦鞭毛上綱(Superclass Dinoflagellata),渦鞭毛綱(Class Dinophyceae),ヨロイオビムシ亜綱(Subclass Gonyaulacoidia),ハダカオビムシ目(Order Gymnodiniales),ハダカオビムシ科(Family Gymnodiniaceae),レピドディニウム属(Genus Lepidodinium
 
Lepidodinium
 
Lepidodinium
 
Lepidodinium   Lepidodinium
撮影地:オスロ;撮影日:2011年1月21日;撮影者:大田修平
 
写真はLepidodiniumの一種(OF2-xx株)で,2010年10月にオスロフィヨルドより分離したものです。現在のところ,OF2-xx株の正確な同定はできていませんが,SSU とLSU rDNA配列を予備的に解析したところ,L. virideに近縁なようです。現在,Lepidodinium属には,L. viride(タイプ種)とL. chlorophorum(基礎異名:Gymnodinium chlorophorum)の2種が知られています (Elbrächter et al. 1996, Watanabe et al. 1990, Hansen et al.2007)。光合成渦鞭毛藻の多くはペリディニンタイプの色素体(紅藻起源)を持っていますが,Lepidodinium属はクロロフィルaとbを含む色素体を持ち,緑色を呈しています(色素体/葉緑体の成立と多様性)。最近報告された色素体コードの複数遺伝子に基づく分子系統解析によると,Lepidodinium属の色素体は緑藻植物門の中で,緑藻綱やアオサ藻綱を含む系統群 “core chlorophytes” 内に位置することが示されました(Matsumoto et al. 2010)。一方,ほぼ同時に,複数の核ターゲット色素体タンパク質を系統解析した研究も報告され,個々のタンパク質は多起源であることも示されています (Minge et al. 2010)。例えば,緑藻植物起源のタンパク質以外に,渦鞭毛藻起源,ストレプト植物起源,不等毛植物起源,紅藻起源のタンパク質が見つかりました。著者らはこのように色素体タンパク質の起源がモザイク状になることを「ハイブリッド・プロテオーム」と呼んでおり,HGT(遺伝子の水平伝播)により生じた可能性を指摘しています。
 
参考文献
 
Elbrächter, M. and Schnepf, E. 1996. Gymnodinium chlorophorum, a new, green, bloom-forming dinoflagellate (Gymnodiniales, Dinophyceae) with a vestigial prasinophyte endosymbiont. Phycologia, 35: 381–93.
 
Hansen, G., Botes, L., and De Salas, M. 2007. Ultrastructure and large subunit rDNA sequences of Lepidodinium viride reveal a close relationship to Lepidodinium chlorophorum comb. nov. (= Gymnodinium chlorophorum). Phycological Research, 55: 25-41.
 
Matsumoto, T., Shinozaki, F., Chikuni, T., Yabuki, A., Takishita, K., Kawachi, M., Nakayama, T., Inouye, I., Hashimoto, T. and Inagaki, Y. 2011. Green-colored Plastids in the Dinoflagellate Genus Lepidodinium are of Core Chlorophyte Origin. Protist 162: 268-276.
 
Minge, M.A., Shalchian-Tabrizi, K., Torresen, O.K., Takishita, K., Probert, I., Inagaki, Y., et al. 2010. A phylogenetic mosaic plastid proteome and unusual plastid-targeting signals in the green-colored dinoflagellate Lepidodinium chlorophorum. BMC evolutionary biology, 10: 191. doi: 10.1186/1471-2148-10-191.
 
Watanabe, M.M., Suda, S., Inouye, I., Sawaguchi, T. and Chihara, M. 1990. Lepidodinium viride gen. et sp. nov. (Gymnodiniales, Dinophyta), a green dinoflagellate with chlorophyll A- and B-containing endosymbiont. Journal of Phycology, 26: 741-751.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rアルベオラータ上門渦鞭毛下門ハダカオビムシ目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る