カジメ Ecklonia cava
作成者:鈴木雅大 作成日:2013年11月11日(2020年7月2日更新)
 
カジメ(搗布)
Ecklonia cava Kjellman 1885: 273. Pl. 10, Figs 7, 8.
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),コンブ目(Order Laminariales),コンブ科(Family Laminariaceae),カジメ属(Genus Ecklonia
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),コンブ目(Order Laminariales),コンブ科(Family Laminariaceae),カジメ属(Genus Ecklonia
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),コンブ目(Order Laminariales),カジメ科(Family Lessoniaceae),カジメ属(Genus Ecklonia
 
Heterotypic synonym
  ヒロハカジメ Ecklonia latifolia Kjellman in Kjellman & Petersen 1885: 271. Pl. 10, Fig. 6.
 
Type locality: 神奈川県 横須賀.
Type specimen:
 
カジメ Ecklonia cava
撮影地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);撮影日:2016年12月25日;撮影者:鈴木雅大
 
カジメ Ecklonia cava
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);撮影日:2019年8月20日;撮影者:鈴木雅大
 
カジメ Ecklonia cava
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);撮影日:2020年7月2日;撮影者:鈴木雅大
 
カジメ Ecklonia cava   カジメ Ecklonia cava
撮影地:神奈川県 三浦郡 葉山町 下山口 長者ヶ崎;撮影日:2014年5月17日;撮影者:鈴木雅大
 
カジメ Ecklonia cava
 
カジメ Ecklonia cava
押し葉標本(採集地:静岡県 下田市 白浜海岸;採集日:2005年5月9日;採集者:鈴木雅大)
 
アラメ(Ecklonia bicyclisと共に,暖温帯域における海中林の代表種として知られています。遺伝子解析によると,本種とクロメツルアラメは種の境界が不明瞭で,Akita et al. (2020)はクロメとツルアラメをカジメの亜種としました。
 
かつてクロメと呼ばれていた関東地方のサンプル
 
カジメ Ecklonia cava
 
カジメ Ecklonia cava
押し葉標本(採集地:千葉県 館山市 沖ノ島;採集日:2007年3月6日)
 
葉の皺の有無ではカジメとクロメを区別出来ないことが示唆されたことから,カジメを正確に同定するにはミトコンドリア・コードのatpB-16S rDNA領域やcox3遺伝子の配列を決定するか,分布域によって判別するのが適当と考えられます。Akita et al. (2020)によると,カジメは本州太平洋沿岸中部(和歌山県まで)と瀬戸内海の一部,クロメは紀伊半島,瀬戸内海,四国,九州沿岸,ツルアラメは大分県の一部と福岡県以北の日本海沿岸に分布しています。和歌山県,瀬戸内海など,一部複数の亜種がみられる地域もありますが,概ね分布域で区別できるのではないかと思います。関東地方周辺で報告されてきたカジメと「クロメ」は,葉の皺の有無にかかわらず全てカジメに相当すると考えられます。葉の皺が地域や環境によって変わるのはアラメでも知られており,種の判別形質ではないという点は同意するものの,千葉県館山市などで見てきた「クロメ」は手触りや雰囲気もいわゆるカジメとは似ても似つかぬため,遺伝子解析の結果を見たときは頭を抱えました。慣れるまで時間がかかりそうな気がします。
 
参考文献
 
Akita, S., Hashimoto, K., Hanyuda, T. and Kawai, H. 2020. Molecular phylogeny and biogeography of Ecklonia spp. (Laminariales, Phaeophyceae) in Japan revealed taxonomic revision of E. kurome and E. stolonifera. Phycologia 59: 330-339.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2013. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 11 November 2013.
 
Kjellman, F.R. and Petersen, J.V. 1885. Om Japans Laminariaceer. Vega-expeditionens Vetenskapliga Iakttagelser, Stokholm 4: 255-280.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱 コンブ目コンブ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る