Ecklonia cava var. kuromeoides
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年6月6日
 
Ecklonia cava [subsp. stolonifera] var. kuromeoides S. Akita, K. Hashimoto, Hanyuda & H. Kawai
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),クリシスタ(Chrysista),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),コンブ目(Order Laminariales),コンブ科(Family Laminariaceae),カジメ属(Genus Ecklonia
 
Type locality: "Nagaisho" Nagaiso, Yamaguchi Pref., Japan(山口県 萩市 長磯)*Akita et al. (2020) は"Nagaisho"としていますが,Nagaiso(長磯)の誤りと考えられます。
Holotype specimen: SAP115489
 
Ecklonia cava var. kuromeoides
撮影地:兵庫県 豊岡市 竹野町 竹野 大浦湾;撮影日:2019年5月8日;撮影者:鈴木雅大
 
Ecklonia cava var. kuromeoides
撮影地:兵庫県 豊岡市 竹野町 竹野 大浦湾;撮影日:2017年5月9日;撮影者:鈴木雅大
 

Akita et al. (2020)は,本変種をカジメ(Ecklonia cavaの変種として記載しました。Akita et al. (2020)において,本変種はツルアラメ(E. cava subsp. stoloniferaを基にした変種("subsp. stolonifera var. kuromeoides")とされていますが,命名法において,変種・品種などの種内分類群はあくまでも「種」に関連付けられるものなので,「亜種の下に記載された変種」というものは命名法上ありえず,"subsp. stolonifera var. kuromeoides"のように,亜種と変種を並べて表記することは出来ません。しかし,本変種は「ツルアラメの匍匐茎を持たないもの」として認識されるもので,ツルアラメを基にして記載されたことを明記した方が,分類及び今後の変種の認識において都合が良いと考えられます。本サイトでは幾つかのイワヅタ類の例にならい,便宜上,亜種名を[subsp. stolonifera]として表記しました。

上述の通り,本変種は「匍匐茎を持たないツルアラメ」です。和名は付けられていませんが特徴を反映させるとしたら「ツルナシツルアラメ」が適当かもしれません。さすがにそれはないかと思いますが,決して珍しい種類(変種)ではないだけに,適切な和名があった方が良いのではないかと思います。

Akita et al. (2020)によると,著者が新潟県佐渡島で採集したツルアラメと,兵庫県竹野で採集した「クロメ」は遺伝子解析において配列の差異がほとんど無く,日本海沿岸で「クロメ」とされているものは「匍匐茎を持たないツルアラメ」,すなわち本変種であることが示唆されています。「匍匐茎を持たないツルアラメ」をクロメ(E. cava subsp. kuromeと形態的に区別するのはほぼ不可能と考えられ,ミトコンドリア・コードのatpB-16S rDNA領域やcox3遺伝子の配列を決定するか,分布域によって区別するのが適当と考えられます。

 
参考文献
 
Akita, S., Hashimoto, K., Hanyuda, T. and Kawai, H. 2020. Molecular phylogeny and biogeography of Ecklonia spp. (Laminariales, Phaeophyceae) in Japan revealed taxonomic revision of E. kurome and E. stolonifera. Phycologia 59: 330-339.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2020. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 6 June 2020.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱コンブ目コンブ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る