アントクメ Ecklonia radicosa
作成者:鈴木雅大 作成日:2013年11月11日(2020年6月6日更新)
 
アントクメ(安徳布)
Ecklonia radicosa (Kjellman) Okamura 1892: 1.
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),コンブ目(Order Laminariales),コンブ科(Family Laminariaceae),カジメ属(Genus Ecklonia
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),コンブ目(Order Laminariales),コンブ科(Family Laminariaceae),アントクメ属(Genus Eckloniopsis)*Eckloniopsis radicosaとして
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),コンブ目(Order Laminariales),カジメ科(Family Lessoniaceae),アントクメ属(Genus Eckloniopsis)*Eckloniopsis radicosaとして
 
Basionym
  Laminaria radicosa Kjellman 1885: 263. Pl. 10, Fig. 1.
Homotypic synonym
  Eckloniopsis radicosa (Kjellman) Okamura 1927: 143. Pl. 240.
Heterotypic synonym
  Laminaria amakusaensis Yendo 1920: 3.
 
Type locality: 長崎県.
Type specimen: 情報なし。
 
アントクメ Ecklonia radicosa
押し葉標本(採集地:静岡県 西伊豆;採集日:2005年5月10日)
 
Rothman et al. (2015) は,アントクメ属(Eckloniopsis)をアラメ属(Eisenia)と共にカジメ属(Ecklonia)に含めました。アラメ属はKawai et al. (2020)によって再び独立の属として評価されましたが,アントクメはKawai et al. (2020)においてもカジメ属のクレードに含まれ,アントクメ属をカジメ属にまとめることは妥当なようです。Rothman et al. (2015) による遺伝子解析では,本種とカジメ(Ec. cavaクロメツルアラメとの種の境界が曖昧でしたが,Akita et al. (2020)は,本種がカジメ(注)とは遺伝的に区別されることを示しました。

注.クロメとツルアラメはカジメの亜種とされました。

 
参考文献
 
Akita, S., Hashimoto, K., Hanyuda, T. and Kawai, H. 2020. Molecular phylogeny and biogeography of Ecklonia spp. (Laminariales, Phaeophyceae) in Japan revealed taxonomic revision of E. kurome and E. stolonifera. Phycologia 59: 330-339.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2013. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 11 November 2013.
 
Kawai, H., Akita, S., Hashimoto, K. and Hanyuda, T. A multigene molecular phylogeny of Eisenia reveals evidence for a new species, Eisenia nipponica (Laminariales), from Japan. European Journal of Phycology 55: 234-241.
 
Kjellman, F.R. and Petersen, J.V. 1885. Om Japans Laminariaceer. Vega-expeditionens Vetenskapliga Iakttagelser, Stokholm 4: 255-280.
 
岡村金太郎 1927. 日本藻類図譜. 第5巻. 東京* 自費出版.
 
岡村金太郎 1892. あんとくめ.植物学雑誌 6: 1-6.
 
Rothman, M.D., Mattio, L., Wernberg, T., Anderson, R.J., Uwai, S., Mohring, M.B. and Bolton, J.J. 2015. A molecular investigation of the genus Ecklonia (Phaeophyceae, Laminariales) with special focus on the southern hemisphere. Journal of Phycology 51: 236-246.
 
Yendo, K. 1920. Novae algae japoniae. Decas I-III. Botanical Magazine, Tokyo 34: 1-12.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱 コンブ目コンブ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る