Hydroclathrus stephanosorus (?)
作成者:鈴木雅大 作成日:2018年1月13日
 
Hydroclathrus stephanosorus Kraft in Kraft & I.A. Abbott 2002: 252, figs 17-28. (?)
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),シオミドロ目(Order Ectocarpales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),カゴメノリ属(Genus Hydroclathrus
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),カヤモノリ目(Order Scytosiphonales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),カゴメノリ属(Genus Hydroclathrus
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),カヤモノリ目(Order Scytosiphonales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),カゴメノリ属(Genus Hydroclathrus
 
Type locality: Comets Hole, Lord Howe Island, New South Wales, Australia
Type specimen: MELU LHI-9967
 
Hydroclathrus stephanosorus
撮影地:神奈川県 三浦市 三崎町 諸磯;撮影日:2011年5月18日;撮影者:鈴木雅大
 
Santiañez et al. (2018) は,千葉県館山,神奈川県三浦市三崎町,新潟県佐渡島,兵庫県淡路島,広島県因島,福岡県津屋崎,長崎県対馬,沖縄県名護,西表島から本種を報告しました。これまでカゴメノリ(Hydroclathrus clathratus)と呼ばれてきた種は,H. clathratusH. stephanosorusの2種類を混同したものと考えられます。両種は同じ場所に生育していることもあるようなので,同定には注意が必要です。Hydroclathrus stephanosorusは外形が袋状になること,生殖器官であるplurangial soriが房状の毛細胞によって囲まれることが特徴です。明らかに袋状の外形になるものを本種と同定していますが,正確に同定するにはplurangial soriを観察する必要があります。
 
Hydroclathrus stephanosorus
撮影地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);撮影日:2015年7月3日;撮影者:鈴木雅大
 
ネバリモ(Leathesia marinaと混生している様子です。この個体も明らかに袋状の外形をしていることから,本種と同定しました。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2018. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 13 January 2018.
 
Kraft, G.T. and Abbott, I.A. 2003. Hydroclathrus (Scytosiphonaceae, Phaeophyceae): conspectus of the genus and proposal of new species from Australia and Hawaii. Phycological Research 51: 244-258..
 
Santiañez, W.J.E., Lee, K.M., Uwai, S., Kurihara, A., Geraldino, P.J.L., Ganzon-Fortes, E.T., Boo, S.M. and Kogame, K. 2018. Untangling nets: elucidating the diversity and phylogeny of the clathrate brown algal genus Hydroclathrus, with the description of a new genus Tronoella (Scytosiphonaceae, Phaeophyceae). Phycologia 57: 61-78.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rヘテロコンタ上門褐藻綱シオミドロ目カヤモノリ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る