オオウキモ Macrocystis pylifera
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年2月26日(2016年12月20日更新)
 
オオウキモ(大浮藻,英名:Giant kelp(ジャイアントケルプ))
Macrocystis pylifera (Linnaeus) C. Agardh
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),コンブ目(Order Laminariales),コンブ科(Family Laminariaceae),オオウキモ属(Genus Macrocystis
 
Basionym
  Laminaria religiosa Miyabe
Heterotypic synonym
  Macrocystis integrifolia Bory
 
オオウキモ Macrocystis pylifera
撮影地:東京都 江戸川区 臨海町 葛西臨海水族園;撮影日:2016年3月21日;撮影者:鈴木雅大
 
オオウキモ Macrocystis pylifera
 
オオウキモ Macrocystis pylifera
撮影地:東京都 江戸川区 臨海町 葛西臨海水族園;撮影日:2016年7月23日;撮影者:鈴木雅大
 
 オオウキモ Macrocystis pylifera
 
オオウキモ Macrocystis pylifera
押し葉標本(採集地:Hueco de la Zorra, Mendieta, Pisco, Peru;採集日:2008年8月27日;採集者:鈴木雅大)
 
海産の光合成生物としては世界最大となる海藻として知られ,外国産の海藻としては珍しく「オオウキモ」という和名が与えられています。どちらかといえば英名のジャイアント・ケルプ(Giant kelp)の方が馴染みがあるかもしれません。本来は数十メートルに達っするため,押し葉としては葉の切れ端を使う事がほとんどです。ここでは付着器を付けた個体を押し葉としましたが,幼体のため特徴が曖昧です。ただし,Demes et al. (2009)によると,オオウキモ属(Macrocystis)は,M. pyrifera1種のみで,これまで独立の種と考えられてきたM. integrifoliaなどは全てM. pyriferaの生育形の1形と考えられます。
 
参考文献
 
Demes, K.W, Graham, M.H. and Suskiewicz, T.S. 2009. Phenotypic plasticity reconciles incongruous molecular and morphological taxonomies: the giant kelp, Macrocystis (Laminariales, Phaeophyceae), is a monospecific genus. Journal of Phycology 45: 1266-1269.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱 コンブ目コンブ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る