カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年11月26日(2017年4月29日更新)
 
カヤモノリ(萱藻海苔,陶山 1890)
Scytosiphon lomentaria (Lyngbye) Link 1833: 232; pl. 28, nom. cons.
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),シオミドロ目(Order Ectocarpales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),カヤモノリ属(Genus Scytosiphon
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),カヤモノリ目(Order Scytosiphonales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),カヤモノリ属(Genus Scytosiphon
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),カヤモノリ目(Order Scytosiphonales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),カヤモノリ属(Genus Scytosiphon
 
Basionym
  Chorda lomentaria Lyngbye 1819: 74, pl. 18E.
Homotypic synonyms
  Scytosiphon filum var. lomentarius (Lyngbye) C. Agardh 1820: 162.
  Fucus lomentarius (Lyngbye) Sommerfelt 1826: 184.
*Heterotypic synonymsはAlgaebaseを参照
 
Syntype localities: Faeroes and Bornholm, Denmark.
Lectotype specimen: C herb. Lyngbye
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
撮影地:新潟県 佐渡市 三川 腰細城ヶ浜公園(佐渡島);撮影日:2017年4月25日;撮影者:鈴木雅大
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
撮影地:兵庫県 淡路市 大磯(淡路島);撮影日:2017年3月29日;撮影者:鈴木雅大
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
撮影地:愛媛県 松山市 高浜町 白石の鼻;撮影日:2016年4月9日;撮影者:鈴木雅大
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
撮影地:北海道 函館市 住吉;撮影日:2012年4月7日;撮影者:鈴木雅大
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria   カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
採集地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);採集日:2017年2月25日;採集者:鈴木雅大
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
体の横断面(採集地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);採集日:2017年2月25日;採集者:鈴木雅大)
 
 体の表面に複子嚢を密生します。複子嚢がクチクラに覆われないため,複子嚢の間に隙間があり,切片を作ると複子嚢がすぐにバラバラになります。
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
押し葉標本(採集地:岩手県 下閉伊郡 山田町 田の浜荒神;採集日:2001年6月20日;採集者:鈴木雅大)
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
押し葉標本(採集地:千葉県 銚子市 外川町 平磯;採集日:2005年4月8日;採集者:鈴木雅大)
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria   カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
乾燥風景(撮影地:三重県 鳥羽市;撮影日:2014年1月21日;撮影者:鈴木雅大)
 
 三重県鳥羽市では「ケノリ(毛海苔)」などの名で呼ばれ,乾燥したものを食用にします。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 26 November 2011.
 
Link, H.F. 1833. Handbuch zur Erkennung der nutzbarsten und am häufigsten vorkommenden Gewächse. Dritter Theil. pp. i-xviii, 1-536. Haude & Spener, Berlin.
 
Lyngbye, H.C. 1819. Tentamen hydrophytologiae danicae continens omnia hydrophyta cryptogama Daniae, Holsatiae, Faeroae, Islandiae, Groenlandiae hucusque cognita, systematice disposita, descripta et iconibus illustrata, adjectis simul speciebus norvegicis. 248 pp., 70 pls. typis Schultzianis, in commissis Librariae Gyldendaliae, Hafniae.
 
Sommerfelt, C. 1826. Supplementum Florae lapponicae quam edidit Dr. Georgius Wahlenberg auctore. 331 pp. typis Borgianis et Gröndahlianis, Christianiae.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rヘテロコンタ上門褐藻綱シオミドロ目カヤモノリ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る