両生綱 Class Amphibia Gray, 1825
作成日:2011年1月1日(2014年1月13日更新)
 
両生綱の特徴は,幼生から成体へと変態することで,幼生時はえら呼吸をし,一部を除き成体は肺呼吸をします。ほとんどは淡水域に生息し,稀に汽水域に生息するものがいますが,現生種では海産種は知られていません。現生種はカエル(無尾)目,サンショウウオ(有尾)目,アシナシイモリ(無足)目の3つの目に分けられています。
 
カエル(無尾)目 Order Anura Fischer von Waldheim, 1813
*カエルの仲間を含みます。
 
サンショウウオ(有尾)目 Order Caudata Fischer von Waldheim, 1813
*サンショウウオ,イモリ,サイレンの仲間を含みます。
 
アシナシイモリ(無足)目 Order Gymnophiona Müller, 1832
 
ミズアシナシイモリ科 Family Typhlonectidae Taylor, 1968
 
       
ヒラオミズアシナシイモリ        
撮影:鈴木雅大;愛知県 東山動植物園        
 
参考文献
 
Frost, Darrel R. 2013. Amphibian Species of the World: an Online Reference. Version 5.6 (9 January 2013). Electronic Database accessible at http://research.amnh.org/herpetology/amphibia/index.html. American Museum of Natural History, New York, USA.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界脊索動物上門脊椎動物門

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る