アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年5月17日
 
アサヒナカワトンボ(朝比奈川蜻蛉,朝比奈川蜻蛉)
Mnais pruinosa Sélys, 1853
 
動物界(Kingdom Animalia),左右相称動物亜界(Subkingdom Bilateralia),旧口動物(前口動物)下界(Infrakingdom Protostomia),脱皮動物上門(Superphylum Ecdysozoa),節足動物門(Phylum Arthropoda),汎甲殻亜門(Superphylum Pancrustacea),六脚上綱(Superclass Hexapoda),昆虫綱(Class Insecta),有翅亜綱(Subclass Pterygota),旧翅下綱(Infraclass Palaeoptera),トンボ(蜻蛉)目(Order Odonata),イトトンボ(均翅)亜目(Order Zygoptera),カワトンボ上科(Superfamily Calopterygoidea),カワトンボ科(Family Calopterygidae),カワトンボ亜科(Subfamily Calopteryginae),カワトンボ属(Genus Mnais
 
アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa
撮影地:兵庫県 淡路市 あわじ石の寝屋緑地(淡路島);撮影日:2020年5月12日;撮影者:鈴木雅大
 
ニホンカワトンボ(Mnais costalis)に酷似しています。翅脈が比較的粗いことから本種と判断しましたが,正直なところ正しく区別出来ているか自信がありません。
 
参考文献
 
永幡嘉之 文・写真.奥山清市 写真.2017. くらべてわかる昆虫.143 pp. 山と渓谷社,東京.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界脱皮動物上門節足動物門汎甲殻亜門昆虫綱トンボ(蜻蛉)目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る