ハマキタケ Xylaria telfairii
作成者:丸山健一郎・鈴木雅大 作成日:2013年12月19日
 
ハマキタケ(葉巻茸)
Xylaria telfairii (Berkeley) Saccardo, 1882
 
菌界(Kingdom Fungi),子嚢菌門(Phylum Ascomycota),チャワンタケ亜門(Subphylum Pezizomycotina),フンタマカビ綱(Class Sordariomycetes),クロサイワイタケ亜綱(Subclass Xylariomycetidae),クロサイワイタケ目(Order Xylariales),クロサイワイタケ科(Family Xylariaceae),クロサイワイタケ属(Genus Xylaria
 
* 今関・本郷(1989)「原色日本新菌類図鑑 (II)」における分類体系:子嚢菌亜門(Suborder Ascomycotina),核菌綱(Class Pyrenomycetes),クロサイワイタケ目(Order Xylariales),クロサイワイタケ科(Family Xylariaceae),クロサイワイタケ属(Genus Xylaria)*Xylaria tabacinaとして
 
Basionym
  Sphaeria telfairii Berkeley, 1839
 
撮影地:奈良県 吉野郡;撮影日:2008年7月;撮影者:丸山健一郎 氏
 
マメザヤタケ(Xylaria polymorphaに似たキノコですが、本州では珍しい南方系の子嚢菌です。棍棒型のキノコの表面に細かな点が散在しています。この点の部分が胞子を作る子嚢の集まった子嚢殻の孔口と呼ばれる部分で、ここから成熟した子嚢胞子が放出されます。 本種の学名としてXylaria telfairiiX. tabacinaの2通りがみられるのですが,どちらを用いるのが適当か著者には分かりませんでした。
 
参考文献
 
Index Fungorum Partnership 2013. Record details: Xylaria telfairii (Berk.) Sacc. in Index Fungorum. http://www.indexfungorum.org/Names/NamesRecord.asp?RecordID=191825. (閲覧日 2013年12月18日)
 
幸徳伸也 2019. 日本産きのこ目録2020. http://koubekinoko.chicappa.jp/(閲覧・ダウンロード日 2020年1月18日)
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ菌界子嚢菌門フンタマカビ綱

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る