カニノツメ Clathrus bicolumnatus
作成者:丸山健一郎・鈴木雅大 作成日:2013年12月16日(2017年1月22日更新)
 
カニノツメ(蟹の爪)
Clathrus bicolumnatus (Lloyd) Saccardo & Trotter 1912: 462.
 
菌界(Kingdom Fungi),担子菌門(Phylum Basidiomycota),ハラタケ亜門(Subphylum Agaricomycotina),ハラタケ綱(Class Agaricomycetes),スッポンタケ亜綱(Subclass Phallomycetidae),スッポンタケ目(Order Phallales),アカカゴタケ科(Family Clathraceae),アカカゴタケ属(Genus Clathrus
 
* 今関・本郷(1989)「原色日本新菌類図鑑 (II)」における分類体系:担子菌亜門(Suborder Basidiomycotina),真正担子菌綱(Class Eubasidiomycetes),腹菌亜綱(Subclass Gasteromycetidae),スッポンタケ目(Order Phallales),アカカゴタケ科(Family Clathraceae),カニノツメ属(Genus Linderia)*Linderia bicolumnataとして
 
Homotypic synonyms
  Laternea bicolumnata Lloyd 1908: 405.
  Linderia bicolumnata (Lloyd) G. Cunningham 1931: 193.
 
カニノツメ Clathrus bicolumnatus
撮影地:大阪府 堺市 大泉緑地;撮影日:2012年12月;撮影者:丸山健一郎 氏
 
白い卵状の幼菌から、2本の腕が伸び出す様子を「蟹のハサミ」に見立てた名前。先端部の黒っぽい部分に粘液状になった胞子(グレバ)を付ける。グレバは悪臭を放ち、ハエなどの昆虫を引き寄せ、胞子を散布させている「虫散布型」のキノコである。ウッドチップを撒いた場所などに群生することがある。
 
参考文献
 
吹春俊光 監修.中島淳志 著.大作晃一 写真.2017. しっかり見わけ 観察を楽しむ きのこ図鑑.319 pp. ナツメ社,東京.
 
Index Fungorum Partnership 2017. Record details: Laternea columnata Nees in Index Fungorum. http://www.indexfungorum.org/Names/NamesRecord.asp?RecordID=239159. (閲覧日 2017年1月22日)
 
幸徳伸也 2019. 日本産きのこ目録2020. http://koubekinoko.chicappa.jp/(閲覧・ダウンロード日 2020年1月18日)
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ菌界担子菌門ハラタケ綱

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る