オニフスベ Calvatia nipponica
作成者:丸山健一郎・鈴木雅大 作成日:2013年12月16日
 
オニフスベ(鬼燻,鬼瘤)
Calvatia nipponica Kawamura ex Kasuya & Katumura 2008: 271.
 
菌界(Kingdom Fungi),担子菌門(Phylum Basidiomycota),ハラタケ亜門(Subphylum Agaricomycotina),ハラタケ綱(Class Agaricomycetes),ハラタケ亜綱(Subclass Agaricomycetidae),ハラタケ目(Order Agaricales),ハラタケ科(Family Agaricaceae),ノウタケ属(Genus Calvatia
 
* 今関・本郷(1989)「原色日本新菌類図鑑 (II)」における分類体系:担子菌亜門(Suborder Basidiomycotina),真正担子菌綱(Class Eubasidiomycetes),腹菌亜綱(Subclass Gasteromycetidae),ホコリタケ目(Order Lycoperdales),ホコリタケ科(Family Lycoperdaceae),オニフスベ属(Genus Lanopila)*Lanopila nipponicaとして
 
Homotypic synonyms
  Calvatia nipponica Kawamura 1937: 748. nom. inval.
  Lanopila nipponica (Kawamura) Y. Kobayashi 1976: 372. nom. illeg.
 
撮影地:奈良県 橿原市;撮影日:2005年9月3日;撮影者:丸山健一郎 氏
 
夏から秋にイネ科(Poaceae)の草地や竹林、雑木林などに発生する大型のキノコ。庭の草地に生えたりして話題になることも多い。白いバレーボールのような大きさのキノコで、大きなものでは直径50cmくらいになることもあるという。老熟すると表面の白い皮は剥がれ落ち、乾燥して非常に軽くなる。風で転がって大量の胞子を散布する。
 
参考文献
 
吹春俊光 監修.中島淳志 著.大作晃一 写真.2017. しっかり見わけ 観察を楽しむ きのこ図鑑.319 pp. ナツメ社,東京.
 
Index Fungorum Partnership 2013. Record details: Calvatia nipponica Kawam. ex Kasuya & Katum. in Index Fungorum. http://www.indexfungorum.org/Names/NamesRecord.asp?RecordID=533891. (閲覧日 2013年12月18日)
 
幸徳伸也 2019. 日本産きのこ目録2020. http://koubekinoko.chicappa.jp/(閲覧・ダウンロード日 2020年1月18日)
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ菌界担子菌門ハラタケ綱ハラタケ目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る