シュタケ Pycnoporus cinnabarinus
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年1月18日
 
シュタケ(朱茸)
Pycnoporus cinnabarinus (Jacquin) P. Karsten 1881: 18.
 
菌界(Kingdom Fungi),担子菌門(Phylum Basidiomycota),ハラタケ亜門(Subphylum Agaricomycotina),ハラタケ綱(Class Agaricomycetes),亜綱の所属不明,タマチョレイタケ目(Order Polyporales),タマチョレイタケ科(Family Polyporaceae),シュタケ属(Genus Pycnoporus
 
* 今関・本郷(1989)「原色日本新菌類図鑑 (II)」における分類体系:担子菌亜門(Suborder Basidiomycotina),真正担子菌綱(Class Eubasidiomycetes),帽菌亜綱(Subclass Hymenomycetidae),ヒダナシタケ目(Order Aphyllophorales),タコウキン科(Family Polyporaceae),シュタケ属(Genus Pycnoporus
 
シュタケ Pycnoporus cinnabarinus
 
シュタケ Pycnoporus cinnabarinus
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋;撮影日:2015年10月16日;撮影者:鈴木雅大
 
切り倒されたサクラに発生したものです。
 
シュタケ Pycnoporus cinnabarinus
 
シュタケ Pycnoporus cinnabarinus
 
シュタケ Pycnoporus cinnabarinus
撮影地:千葉県 柏市 加賀;撮影日:2020年1月2日;撮影者:鈴木雅大
 
撮影時はヒイロタケ(Trametes coccineaと同定していましたが,子実体の裏の孔口が大きいことから同定を改めました。
 
参考文献
 
Index Fungorum Partnership 2020. Record details: Pycnoporus cinnabarinus (Jacq.) P. Karst. In: Index Fungorum. http://www.indexfungorum.org/names/NamesRecord.asp?RecordID=120171. (閲覧日 2020年1月18日)
 
幸徳伸也 2019. 日本産きのこ目録2020. http://koubekinoko.chicappa.jp/(閲覧・ダウンロード日 2020年1月18日)
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ菌界担子菌門ハラタケ綱タマチョレイタケ目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る