タマゴタケ Amanita caesareoides
作成者:丸山健一郎・赤尾正俊・鈴木雅大 作成日:2013年12月16日(2015年9月20日更新)
 
タマゴタケ(卵茸)
Amanita caesareoides Lj.N. Vassiljeva 1950: 199.
 
菌界(Kingdom Fungi),担子菌門(Phylum Basidiomycota),ハラタケ亜門(Subphylum Agaricomycotina),ハラタケ綱(Class Agaricomycetes),ハラタケ亜綱(Subclass Agaricomycetidae),ハラタケ目(Order Agaricales),テングタケ科(Family Amanitaceae),テングタケ属(Genus Amanita
 
* 今関・本郷(1987)「原色日本新菌類図鑑 (I)」における分類体系:担子菌亜門(Suborder Basidiomycotina),真正担子菌綱(Class Eubasidiomycetes),帽菌亜綱(Subclass Hymenomycetidae),ハラタケ目(Order Agaricales),テングタケ科(Family Amanitaceae),テングタケ属(Genus Amanita
 
タマゴタケ Amanita caesareoides
撮影地:岐阜県 高山市 高根町 日和田高原;撮影日:2012年9月21日;撮影者:丸山健一郎 氏
 
タマゴタケ Amanita caesareoides
 
タマゴタケ Amanita caesareoides
 
タマゴタケ Amanita caesareoides
撮影地:千葉県 冨里市;撮影日:2015年6月24日;撮影者:赤尾正俊 氏
 
著名な毒キノコを多く含むテングダケ科において数少ない食用キノコの1種です。
 
参考文献
 
吹春俊光 監修.中島淳志 著.大作晃一 写真.2017. しっかり見わけ 観察を楽しむ きのこ図鑑.319 pp. ナツメ社,東京.
 
幸徳伸也 2019. 日本産きのこ目録2020. http://koubekinoko.chicappa.jp/(閲覧・ダウンロード日 2020年1月18日)
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ菌界担子菌門ハラタケ綱ハラタケ目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る