タマキクラゲ Exidia uvapassa
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年7月11日
 
タマキクラゲ(玉木耳)
Exidia uvapassa Lloyd 1918: 774.
 
菌界(Kingdom Fungi),担子菌門(Phylum Basidiomycota),ハラタケ亜門(Subphylum Agaricomycotina),ハラタケ綱(Class Agaricomycetes),キクラゲ亜綱(Subclass Auriculariomycetidae),キクラゲ目(Order Auriculariales),ヒメキクラゲ科(Family Exidiaceae),ヒメキクラゲ属(Genus Exidia
 
* 今関・本郷(1989)「原色日本新菌類図鑑II」における分類体系:担子菌亜門(Suborder Basidiomycotina),異型担子菌綱(Class Eubasidiomycetes),亜綱の所属不明(Incertae sedis),キクラゲ目(Order Auriculariales),ヒメキクラゲ科(Family Exidiaceae),ヒメキクラゲ属(Genus Exidia
 
タマキクラゲ Exidia uvapassa
 
タマキクラゲ Exidia uvapassa
撮影地:兵庫県 淡路市 あわじ石の寝屋緑地(淡路島);撮影日:2020年3月1日;撮影者:鈴木雅大
 
伐採されたサクラの枝に発生していました。写真の上部に映り込んでいますが,ゴマフリドクガの幼虫がおりました。「キノコを食べているのだろうか?」と思いましたが,ゴマフリドクガの幼虫はバラ科やマメ科などの葉を食べるそうで,単にサクラの枝に付いてきただけでした。
 
参考文献
 
幸徳伸也 2019. 日本産きのこ目録2020. http://koubekinoko.chicappa.jp/(閲覧・ダウンロード日 2020年7月11日)
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ菌界担子菌門ハラタケ綱

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る