ジャイアント・ビネガロン Mastigoproctus giganteus
作成者:鈴木雅大 作成日:2013年9月7日(2014年5月31日更新)
 
ジャイアント・ビネガロン(Giant vinegaroon)
Mastigoproctus giganteus (Lucas, 1835)
 
動物界(Kingdom Animalia),左右相称動物亜界(Subkingdom Bilateralia),旧口動物(前口動物)下界(Infrakingdom Protostomia),脱皮動物上門(Superphylum Ecdysozoa),節足動物門(Phylum Arthropoda),鋏角亜門(Subphylum Chelicerata),クモガタ綱(Class Arachnida),四肺類クレード(Clade Tetrapulmonata),サソリモドキ目(Order Thelyphonida),サソリモドキ科(Family Thelyphonidae),マスチゴプロクツス属(Genus Mastigoproctus
 
ジャイアント・ビネガロン Mastigoproctus giganteus
 
ジャイアント・ビネガロン Mastigoproctus giganteus
撮影地:静岡県 賀茂郡 河津町 浜 iZoo;撮影日:2014年5月14日;撮影者:鈴木雅大
 
ジャイアント・ビネガロン Mastigoproctus giganteus
撮影地:静岡県 賀茂郡 河津町 浜 iZoo;撮影日:2013年9月6日;撮影者:鈴木雅大
 
サソリモドキ科(Thelyphonidae)最大の種類で,アメリカ南部からメキシコに分布しています。尾の付け根から酢酸の臭いのする液体を噴射することからビネガロンの呼び名があります。世界三大奇虫(ウデムシヒヨケムシ,サソリモドキ(ビネガロン))の一つとして知られています。著者が某大学で研究員をしていた頃,ある研究室で飼育していた本種が脱走し,よりにもよって大変厳しい先生の居室で発見されるという珍事件がありました。腹を抱えて笑ってしまいましたが,良く考えるとある種の危険生物が脱走したわけで,騒ぎにならなくて本当に良かったと思います。
 
参考文献
 
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界脱皮動物上門節足動物門鋏角亜門クモガタ綱

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る