クヌギハケタマフシ Neuroterus vonkuenburgi
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年3月29日
 
クヌギハケタマフシ(橡葉毛玉節,櫟葉毛玉節)
Neuroterus vonkuenburgi Dettmer, 1934
 
動物界(Kingdom Animalia),左右相称動物亜界(Subkingdom Bilateralia),旧口動物(前口動物)下界(Infrakingdom Protostomia),脱皮動物上門(Superphylum Ecdysozoa),節足動物門(Phylum Arthropoda),汎甲殻亜門(Superphylum Pancrustacea),六脚上綱(Superclass Hexapoda),昆虫綱(Class Insecta),有翅亜綱(Subclass Pterygota),新翅下綱(Infraclass Neoptera),完全変態上目(Superorder Holometabola),ハチ(膜翅)目(Order Hymenoptera),ハチ(細腰)亜目(Suborder Apocrita),タマバチ上科(Superfamily Cynipoidea),タマバチ科(Family Cynipidae),ネウロテルス属(Genus Neuroterus
 
クヌギハケタマフシ Neuroterus vonkuenburgi
 
クヌギハケタマフシ Neuroterus vonkuenburgi
撮影地:兵庫県 神戸市 灘区 神戸大学六甲台第2キャンパス;撮影日:2016年12月21日;撮影者:鈴木雅大
 
クヌギハケタマバチ(Neuroterus vonkuenburgi)がクヌギの葉の裏に作った虫えい(虫こぶ)です。見た目からキノコの仲間だと信じて疑わず,正体が分かるまで3年以上かかりました。
 
参考文献
 
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界脱皮動物上門節足動物門汎甲殻亜門昆虫綱ハチ(膜翅)目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る