クロイロコウガイビル Bipalium fuscatum (?)
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年5月17日
 
クロイロコウガイビル(黒色笄蛭)(?)
Bipalium fuscatum Stimpson, 1857
 
動物界(Kingdom Animalia),左右相称動物亜界(Subkingdom Bilateralia),旧口動物(前口動物)下界(Infrakingdom Protostomia),冠輪動物上門(Superphylum Lophotrochozoa),扁形動物門(Phylum Platyhelminthes),新卵綱(Class Neoophora),真卵黄亜綱(Subclass Eulecithophora),アディアファニダ下綱(Infraclass Adiaphanida),ウズムシ(三岐腸)目(Order Tricladida),コウガイビル亜目(Suborder Terricola),コウガイビル科(Family Bipaliidae),コウガイビル属(Genus Bipalium
 
クロイロコウガイビル Bipalium fuscatum
 
クロイロコウガイビル Bipalium fuscatum
 
クロイロコウガイビル Bipalium fuscatum
 
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋(淡路島);撮影日:2020年3月2日;撮影者:鈴木雅大
 
背部に筋が見えず,色が黒っぽいのでクロイロコウガイビルとしましたが,恥ずかしながらコウガイビルの仲間が日本(本州)に何種類いるのか,どのような種類がいるのか調べても良く分からなかったため,同定は暫定的です。
 
参考文献
 
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界冠輪動物上門扁形動物門

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る