ムラサキハナギンチャク Cerianthus filiformis
作成者:鈴木雅大 作成日:2012年5月28日(2019年1月13日更新)
 
ムラサキハナギンチャク(紫花巾着)
Cerianthus filiformis Carlgren, 1924
 
動物界(Kingdom Animalia),ヒドラ亜界(Subkingdom Hydrobiotina),刺胞動物門(Phylum Cnidaria),花虫綱(Class Anthozoa),ハナギンチャク亜綱(Subclass Ceriantharia),スピルラリア目(Order Spirularia),ハナギンチャク科(Family Cerianthidae),ハナギンチャク属(Genus Cerianthus
 
ムラサキハナギンチャク Cerianthus filiformis
撮影地:静岡県 沼津市 あわしまマリンパーク;撮影日:2012年12月31日;撮影者:鈴木雅大
 
ムラサキハナギンチャク Cerianthus filiformis
撮影地:静岡県 下田市 下田海中水族館;撮影日:2014年5月13日;撮影者:鈴木雅大
 
ムラサキハナギンチャク Cerianthus filiformis
 
ムラサキハナギンチャク Cerianthus filiformis
撮影地:静岡県 下田市 下田海中水族館;撮影日:2014年5月13日;撮影者:鈴木雅大
 
砂地に棲管を作り,体は前半部を棲管から出し,刺激を受けると棲管の中に引っ込みます。砂地や干潟でしばしば見かける種類ですが,刺胞毒が強く,刺されると痛むそうです。
 
参考文献
 
赤坂甲治 監修. 2015. 海の観察ガイド 三崎の砂泥の動物 [I]. 155 pp. 東京大学大学院理学系研究科附属三崎臨海実験所,神奈川.
 
Fautin, D.G. 2013. Hexacorallians of the World. http://geoportal.kgs.ku.edu/hexacoral/anemone2/index.cfm.
 
Molodtsova, T. 2012. Cerianthus filiformis Carlgren, 1924. Accessed through: World Register of Marine Species at http://www.marinespecies.org/aphia.php?p=taxdetails&id=283795 on 2013-04-18.
 
奥谷喬司 編著. 1994. 海辺の生きもの. 367 pp. 山と渓谷社,東京.
 
内田紘臣・楚山勇 2001. イソギンチャクガイドブック. 157 pp. TBSブリタニカ,東京.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界ヒドラ亜界花虫綱

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る