ルビーロウカイガラムシ Ceroplastes rubens
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年1月12日
 
ルビーロウカイガラムシ(ルビー蝋貝殻虫,別名:ルビーロウムシ)
Ceroplastes rubens Maskell, 1839
 
動物界(Kingdom Animalia),左右相称動物亜界(Subkingdom Bilateralia),旧口動物(前口動物)下界(Infrakingdom Protostomia),脱皮動物上門(Superphylum Ecdysozoa),節足動物門(Phylum Arthropoda),汎甲殻亜門(Superphylum Pancrustacea),六脚上綱(Superclass Hexapoda),昆虫綱(Class Insecta),有翅亜綱(Subclass Pterygota),新翅下綱(Infraclass Neoptera),準新翅上目(Superorder Paraneoptera),カメムシ(半翅)目(Order Hemiptera),腹吻亜目(Suborder Sternorrhyncha),カイガラムシ上科(Superfamily Coccoidea),カタカイガラムシ科(Family Coccidae),ケロプラステス属(Genus Ceroplastes
 
ルビーロウカイガラムシ Ceroplastes rubens
 
ルビーロウカイガラムシ Ceroplastes rubens
 
ルビーロウカイガラムシ Ceroplastes rubens
 
ルビーロウカイガラムシ Ceroplastes rubens
撮影地:千葉県 柏市 中原ふれあい防災公園;撮影日:年1月2日;撮影者:鈴木雅大
 
インド原産の外来種です。モチノキの枝に寄生しています。本種の排出物にカビの仲間であるすす病菌が発生し,モチノキの葉や枝が褐色の粉で覆われたように見えます。植物の病気の1つ「すす病」で,本種はすす病の発生原因となる病害虫として知られています。
 
ルビーロウカイガラムシ Ceroplastes rubens
撮影地:千葉県 柏市 中原ふれあい防災公園;撮影日:2020年1月2日;撮影者:鈴木雅大
 
ソヨゴの枝に寄生していました。
 
参考文献
 
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界脱皮動物上門節足動物門汎甲殻亜門昆虫綱カメムシ(半翅)目腹吻亜目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る