サンカクフジツボ Balanus trigonus
作成者:鈴木雅大 作成日:2019年12月3日
 
サンカクフジツボ(三角藤壺,三角富士壷)
Balanus trigonus Darwin, 1854
 
動物界(Kingdom Animalia),左右相称動物亜界(Subkingdom Bilateralia),旧口動物(前口動物)下界(Infrakingdom Protostomia),脱皮動物上門(Superphylum Ecdysozoa),節足動物門(Phylum Arthropoda),汎甲殻亜門(Subphylum Pancrustacea),マルチクラスタケア上綱(Superclass Multicrustacea),六齢ノープリウス綱(Class Hexanauplia),フジツボ(鞘甲)亜綱(Subclass Thecostraca),フジツボ(蔓脚)下綱(Infraclass Cirripedia),完胸上目(Superorder Thoracica),フジツボ(無柄)目(Order Sessilia),フジツボ亜目(Suborder Balanomorpha),フジツボ上科(Superfamily Balanoidea),フジツボ科(Family Balanidae),フジツボ亜科(Subfamily Balaninae),フジツボ属(Genus Balanus
 
サンカクフジツボ Balanus trigonus
 
サンカクフジツボ Balanus trigonus
 
サンカクフジツボ Balanus trigonus
 
サンカクフジツボ Balanus trigonus
 
サンカクフジツボ Balanus trigonus
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋港(淡路島);撮影日:2019年12月3日;撮影者:鈴木雅大
 
実習船をドックに入れた際,船底に付着していたものです。スクリューや舵などにびっしり付着しています。直近の航海で船速が通常よりも3, 4ノット遅く,船底付着物による減速が予想されました。船底付着物が船に及ぼす悪影響がしばしば話題になりますが,直に観察して納得しました。なお,少数ですがタテジマフジツボ(Balanus amphitrite)も混生しています。
 
参考文献
 
今原幸光 編著. 2013. フィールド版 写真でわかる磯の生き物図鑑. 279 pp. トンボ出版,大阪.
 
奥谷喬司 編著. 1994. 海辺の生きもの. 367 pp. 山と渓谷社,東京.
 
鈴木孝男・木村昭一・木村妙子・森 敬介・多留聖典 2014. 干潟ベントスフィールド図鑑 第2版. 257 pp. 日本国際湿地保全連合,東京.
 
WoRMS 2019. Balanus trigonus Darwin, 1854. Accessed at: http://www.marinespecies.org/aphia.php?p=taxdetails&id=106223 on 2019-12-03.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界脱皮動物上門節足動物門汎甲殻亜門六齢ノープリウス綱フジツボ(蔓脚)下綱フジツボ(無柄)目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る