トビズムカデ Scolopendra subspinipes mutilans
作成者:鈴木雅大 作成日:2015年5月30日(2020年6月3日更新)
 
トビズムカデ(鳶頭百足)
Scolopendra subspinipes mutilans Attems, 1930
 
動物界(Kingdom Animalia),左右相称動物亜界(Subkingdom Bilateralia),旧口動物(前口動物)下界(Infrakingdom Protostomia),脱皮動物上門(Superphylum Ecdysozoa),節足動物門(Phylum Arthropoda),多足亜門(Subphylum Myriapoda),ムカデ(唇脚)綱(Class Chilopoda),オオムカデ目(Order Scolopendromorpha),オオムカデ科(Family Scolopendridae),オオムカデ属(Genus Scolopendra
 
トビズムカデ Scolopendra subspinipes mutilans
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋(淡路島);撮影日:2015年9月10日;撮影者:鈴木雅大
 
著者が兵庫県淡路島に単身赴任してから,良く見かけるのがこのムカデです。2009年に台湾基隆市に住んでいたときにも似たようなオオムカデを良く見かけました。咬まれるのは嫌ですが,千葉県に住んでいた時にはほとんど目にする機会が無かったので新鮮な感じがします。体長7, 8 cm位のものが多いですが,まれに10 cmを超える個体に遭遇することがあります。
 
トビズムカデ Scolopendra subspinipes mutilans
 
 
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋(淡路島);撮影日:2016年5月24日;撮影者:鈴木雅大
 
職場の玄関に現れた10 cm超えの個体です。走り回る姿は圧巻でした。
 
トビズムカデ Scolopendra subspinipes mutilans
 
トビズムカデ Scolopendra subspinipes mutilans
 
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋(淡路島);撮影日:2019年5月16日;撮影者:鈴木雅大
 
朝,職場に向かう坂道を上がっていたところ,10 cm超えのムカデが坂を下りてきました。早速撮影を始めたのですが,坂を下りながらムカデを追いかけるのはなかなか難しいもので,映像がブレブレになってしまいました。酔いやすい方はご注意下さい。
 
トビズムカデに咬まれた跡
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋(淡路島);撮影日:2020年6月1日;撮影者:鈴木雅大
 
ある朝,ズボンのポケットから鍵を取り出そうとしたとき,突然ハチに刺されたような痛みが走りました。ビックリして手を見てみると,指にはムカデの牙が刺さったと思われる2箇所の咬み傷がありました。といっても大したことはなく,昼頃にはすっかり良くなりました。大型のムカデだったら,それだけではすまなかったかもしれません。いずれにしろポケットに潜んでいたムカデに咬まれたというのはそれだけでトラウマものだと思います。魔少年B〇(高木ブーではない)のポケットの中にスズメバチ事件を思い出しました。

ポケットの中にトビズムカデ事件からわずか1週間後,同僚がムカデに咬まれ,病院送りになるという事件が起きました。海藻の調査で海に出ようとした際,マリンシューズの中に入っていた10cm超えのムカデに咬まれたそうです。ムカデがマリンシューズに入っていたのもビックリですが,大型のムカデに咬まれると大事になるという教訓にもなりました。

 
参考文献
 
永幡嘉之 文・写真.奥山清市 写真.2017. くらべてわかる昆虫.143 pp. 山と渓谷社,東京.
 
NPO法人 武蔵野自然塾 編.2017. 危険生物ファーストエイドハンドブック 陸編.132 pp. 文一総合出版,東京.
 
篠永 哲・野口玉雄 2013. フィールドベスト図鑑 vol.17. 危険・有毒生物.256 pp. 学研教育出版,東京.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界脱皮動物上門節足動物門

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る