ツメウミウシ Notobryon clavigerum (?)
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年7月19日
 
ツメウミウシ(爪海牛)(?)
Notobryon clavigerum Baba, 1937
 
動物界(Kingdom Animalia),左右相称動物亜界(Subkingdom Bilateralia),旧口動物(前口動物)下界(Infrakingdom Protostomia),冠輪動物上門(Superphylum Lophotrochozoa),軟体動物門(Phylum Mollusca),腹足綱(Class Gastropoda),異鰓亜綱(Subclass Heterobranchia),マメウラシマ側区(Cohort Ringipleura),裸側亜区(Subcohort Nudipleura),裸鰓目(Order Nudibranchia),枝鰓亜目(Suborder Cladobranchia),スギノハウミウシ上科(Superfamily Dendronotoidea),オキウミウシ科(Family Scyllaeidae),ノトブリオン属(Genus Notobryon
 
ツメウミウシ Notobryon clavigerum
 
ツメウミウシ Notobryon clavigerum
 
ツメウミウシ Notobryon clavigerum
 
ツメウミウシ Notobryon clavigerum
採集地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);採集日:2020年7月18日;撮影者:鈴木雅大
 
臨海実習で「メリベウミウシ」と呼ばれていたものですが,頭部の形や背側突起の先端に突起が多数あることから別種と考えられます。手持ちの図鑑及びWeb上で画像検索した限りでは「ツメウミウシ」ではないかと思いますが,確たる自信はなく同定は暫定的です。
 
参考文献
 
今原幸光 編著. 2013. フィールド版 写真でわかる磯の生き物図鑑. 279 pp. トンボ出版,大阪.
 
MolluscaBase eds. 2020. MolluscaBase. Notobryon clavigerum Baba, 1937. Accessed through: World Register of Marine Species at: https://www.marinespecies.org/aphia.php?p=taxdetails&id=606489 on 2020-07-19.
 
小野篤司 監修,加藤昌一 編. 2009. ネイチャーウォッチングガイドブック ウミウシ 生きている海の妖精. 272 pp. 誠文堂新光社,東京.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界冠輪動物上門軟体動物門腹足綱異鰓亜綱裸鰓目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る