フラサバソウ Veronica hederifolia
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年5月2日
 
フラサバソウ(フラサバ草)
Veronica hederifolia Linnaeus, 1753
 
維管束植物門(Phylum Tracheophyta),種子植物亜門(Subphylum Spermatophytina),被子植物("Angiospermae"),モクレン綱(Class Magnoliopsida),キク上目(Superorder Asteranae),シソ目(Order Lamiales),オオバコ科(Family Plantaginaceae),クワガタソウ連(Tribe Veroniceae),クワガタソウ属(Genus Veronica
 
新エングラー体系:被子植物門(Phylum Angiospermae),双子葉植物綱(Class Dicotyledoneae),合弁花植物亜綱(Subclass Sympetalae),シソ目(Order Tubiflorae),ゴマノハグサ科(Family Scrophulariaceae)
クロンキスト体系:被子植物門(Phylum Magnoliophyta),モクレン綱(Class Magnoliopsida),キク亜綱(Subclass Asteridae),ゴマノハグサ目(Order Scrophulariales),ゴマノハグサ科(Family Scrophulariaceae)
 
フラサバソウ Veronica hederifolia
 
フラサバソウ Veronica hederifolia
撮影地:千葉県 柏市 中原;撮影日:2020年3月21日;撮影者:鈴木雅大
 
ヨーロッパ原産の外来種です。和名の意味が分からなかったので由来を調べてみたところ,フランスの植物学者であるフランシェ(Adrien René Franchet)とサバティエ(Paul Amédée Ludovic Savatier)の名前を合わせたものとのことでした。どちらも日本の植物学研究に貢献された方で,植物の学名の著者名としてもしばしばみられます。献名に異論はないのですが,献名対象者の名前を「フラ」と「サバ」に省略して繋ぐのはいかがなものでしょうか?長い和名は好ましくないとはいえ「フランシェサバティエソウ」でも良かった気がするのですが…。
 
参考文献
 
邑田 仁 監修. 米倉浩司 著. 2012. 日本維管束植物目録. 379 pp. 北隆館,東京.
 
米倉浩司・梶田忠 2003-.「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info(2020年5月2日閲覧).
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ緑色植物亜界有胚植物上門被子植物キク上目シソ目オオバコ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る