ヒマワリヒヨドリ Chromolaena odorata
作成者:鈴木雅大 作成日:2019年12月1日
 
ヒマワリヒヨドリ(向日葵鵯)
Chromolaena odorata (Linnaeus) R.M. King & H. Robinson, 1970
 
維管束植物門(Phylum Tracheophyta),種子植物亜門(Subphylum Spermatophytina),被子植物("Angiospermae"),モクレン綱(Class Magnoliopsida),キク上目(Superorder Asteranae),キク目(Order Asterales),キク科(Family Asteraceae),キク亜科(Subfamily Asteroideae),キク上連 (Supertribe Asterodae),ヒマワリ上連(Supertribe Helianthodae),ヒヨドリバナ連(Tribe Eupatorieae),ヒマワリヒヨドリ属(Genus Chromolaena
 
新エングラー体系:被子植物門(Phylum Angiospermae),双子葉植物綱(Class Dicotyledoneae),合弁花植物亜綱(Subclass Sympetalae),キキョウ目(Order Campanulales),キク科(Family Compositae)
クロンキスト体系:被子植物門(Phylum Magnoliophyta),モクレン綱(Class Magnoliopsida),キク亜綱(Subclass Asteridae),キク目(Order Asterales),キク科(Family Asteraceae)
 
Basionym
  Eupatorium odoratum Linnaeus, 1759
 
ヒマワリヒヨドリ Chromolaena odorata
 
ヒマワリヒヨドリ Chromolaena odorata
 
ヒマワリヒヨドリ Chromolaena odorata
撮影地:Uluwatu, Bali, Indonesia;撮影日:2014年7月8日;撮影者:鈴木雅大
 
熱帯アメリカ原産の外来種です。日本では外来生物法における要注意外来生物に指定されている他,環境省及び農林水産省が作成した生態系被害防止外来種リストでは,「その他の総合対策外来種」に選定されています。
 
参考文献
 
邑田 仁 監修. 米倉浩司 著. 2012. 日本維管束植物目録. 379 pp. 北隆館,東京.
 
米倉浩司・梶田忠 2003-.「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info(2019年12月1日閲覧).
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ プランテ緑色植物亜界陸上植物被子植物門キク上目キク目キク科キク亜科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る