ヒナタイノコヅチ Achyranthes bidentata var. fauriei
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年9月13日
 
ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)
Achyranthes bidentata var. fauriei
 
維管束植物門(Phylum Tracheophyta),種子植物亜門(Subphylum Spermatophytina),被子植物("Angiospermae"),モクレン綱(Class Magnoliopsida),ナデシコ上目(Superorder Caryophyllanae),ナデシコ目(Order Caryophyllales),ヒユ科(Family Amaranthaceae),ヒユ亜科(Subfamily Amaranthoideae),イノコヅチ属(Genus Achyranthes
 
新エングラー体系:被子植物門(Phylum Angiospermae),双子葉植物綱(Class Dicotyledoneae),古生花被植物亜綱(Subclass Archichlamydeae),アカザ目(Order Centrospermae),ヒユ科(Family Amaranthaceae)
クロンキスト体系:被子植物門(Phylum Magnoliophyta),モクレン綱(Class Magnoliopsida),ナデシコ亜綱(Subclass Caryophyllidae),ナデシコ目(Order Caryophyllales),ヒユ科(Family Amaranthaceae)
 
ヒナタイノコヅチ Achyranthes bidentata var. fauriei
 
ヒナタイノコヅチ Achyranthes bidentata var. fauriei
 
ヒナタイノコヅチ Achyranthes bidentata var. fauriei
 
ヒナタイノコヅチ Achyranthes bidentata var. fauriei
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋(淡路島);撮影日:2020年9月10日;撮影者:鈴木雅大
 
イノコヅチの仲間です。道端に生え,茎などに毛が多いことからヒナタイノコヅチと同定しました。学名はYListに従い,Achyranthes bidentata var. faurieiとしました。Achyranthes faurieiA. bidentataの変種としたものと考えられますが,新組み合わせを発表した文献が分からず,著者名についても分かりませんでした。
 
参考文献
 
米倉浩司・梶田 忠 2003. 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info(2020年9月13日閲覧).
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ緑色植物亜界有胚植物上門被子植物ナデシコ上目ヒユ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る