カイタカラコウ Ligularia kaialpina
作成者:赤尾正俊・鈴木雅大 作成日:2013年8月25日
 
カイタカラコウ(甲斐宝香)
Ligularia kaialpina Kitamura, 1934
 
維管束植物門(Phylum Tracheophyta),種子植物亜門(Subphylum Spermatophytina),被子植物("Angiospermae"),モクレン綱(Class Magnoliopsida),キク上目(Superorder Asteranae),キク目(Order Asterales),キク科(Family Asteraceae),キク亜科(Subfamily Asteroideae),サワギク上連(Supertribe Senecionodae),サワギク連(Tribe Senecioneae),メタカラコウ属(Genus Ligularia
 
新エングラー体系:被子植物門(Phylum Angiospermae),双子葉植物綱(Class Dicotyledoneae),合弁花植物亜綱(Subclass Sympetalae),キキョウ目(Order Campanulales),キク科(Family Compositae)
クロンキスト体系:被子植物門(Phylum Magnoliophyta),モクレン綱(Class Magnoliopsida),キク亜綱(Subclass Asteridae),キク目(Order Asterales),キク科(Family Asteraceae)
 
Homotypic synonym
  Ligularia sibirica var. kaialpina (Kitamura) Kitamura in Ohwi (1965)
 
カイタカラコウ Ligularia kaialpina
 
カイタカラコウ Ligularia kaialpina
撮影地:長野県 茅野市 黒百合ヒュッテからみどり池に至る途中;撮影日:2013年8月17日;撮影者:赤尾正俊・鈴木雅大
 
舌状花が5個なので本種と同定しましたが,花序が伸びておらず,頭花が3個しか付いていません。機会があれば典型的な個体と差し替えたいと思っています。
 
参考文献
 
邑田 仁 監修. 米倉浩司 著. 2012. 日本維管束植物目録. 379 pp. 北隆館,東京.
 
豊国秀夫 編. 1988. 山渓カラー名鑑 日本の高山植物. 719 pp. 山と渓谷社,東京.
 
米倉浩司・梶田忠 2003-「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info(2013年8月21日閲覧).
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ緑色植物亜界有胚植物上門被子植物キク上目キク目キク科キク亜科サワギク連

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る