コムラサキ Callicarpa dichotoma
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年1月25日(2019年12月14日更新)
 
コムラサキ(小紫,別名:コシキブ)
Callicarpa dichotoma (Loureiro) K. Koch, 1872
 
維管束植物門(Phylum Tracheophyta),種子植物亜門(Subphylum Spermatophytina),被子植物("Angiospermae"),モクレン綱(Class Magnoliopsida),キク上目(Superorder Asteranae),シソ目(Order Lamiales),シソ科(Family Lamiaceae),ムラサキシキブ属(Genus Callicarpa
 
新エングラー体系:被子植物門(Phylum Angiospermae),双子葉植物綱(Class Dicotyledoneae),合弁花植物亜綱(Subclass Sympetalae),シソ目(Order Tubiflorae),クマツヅラ科(Family Verbenaceae)
クロンキスト体系:被子植物門(Phylum Magnoliophyta),モクレン綱(Class Magnoliopsida),キク亜綱(Subclass Asteridae),シソ目(Order Lamiales),クマツヅラ科(Family Verbenaceae)
 
コムラサキ Callicarpa dichotoma
 
コムラサキ Callicarpa dichotoma
 
コムラサキ Callicarpa dichotoma
 
コムラサキ Callicarpa dichotoma
撮影地:山梨県 西八代郡市 川三郷町 四尾連湖 湖畔;撮影日:2010年10月11日;撮影者:鈴木雅大
 
コムラサキ Callicarpa dichotoma
 
コムラサキ Callicarpa dichotoma
 
コムラサキ Callicarpa dichotoma
撮影地:兵庫県 淡路市 夢舞台 奇跡の星の植物館(淡路島);撮影日:2019年11月23日;撮影者:鈴木雅大
 
ムラサキシキブ(Callicarpa japonicaに良く似ていますが,葉の中部から下部の縁辺に鋸歯がないことと,実が葉柄の付け根から離れた位置から生じることから本種と同定しています。庭木として栽培されているものの多くは本種とされています。
 
参考文献
 
邑田 仁 監修. 米倉浩司 著. 2012. 日本維管束植物目録. 379 pp. 北隆館,東京.
 
米倉浩司・梶田忠 2003-.「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info(2011年1月25日閲覧).
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ緑色植物亜界有胚植物上門被子植物キク上目シソ目シソ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る