マツモ Ceratophyllum demersum
作成者:鈴木雅大 作成日:2015年10月10日
 
マツモ(松藻,別名:キンギョモ 金魚藻)
Ceratophyllum demersum Linnaeus, 1753
 
維管束植物門(Phylum Tracheophyta),種子植物亜門(Subphylum Spermatophytina),被子植物("Angiospermae"),モクレン綱(Class Magnoliopsida),マツモ上目(Superorder Ceratophyllanae),マツモ目(Order Ceratophyllales),マツモ科(Family Ceratophyllaceae),マツモ属(Genus Ceratophyllum
 
新エングラー体系:被子植物門(Phylum Angiospermae),双子葉植物綱(Class Dicotyledoneae),古生花被植物亜綱(Subclass Archichlamydeae),キンポウゲ目(Order Ranunculales),マツモ科(Family Ceratophyllaceae)
クロンキスト体系:被子植物門(Phylum Magnoliophyta),モクレン綱(Class Magnoliopsida),モクレン亜綱(Subclass Magnoliidae),スイレン目(Order Nymphaeales),マツモ科(Family Ceratophyllaceae)
 
マツモ Ceratophyllum demersum
 
マツモ Ceratophyllum demersum
採集地:兵庫県 淡路市 姥懐池(淡路島);採集日:2015年9月16日;撮影者:鈴木雅大
 
良く見かける水草で,熱帯魚屋などでも良く売られています。海藻の専門家である著者は,和名から褐藻のマツモ(Analipus japonicusを想像してしまします。色は違いますが,水草のマツモと海藻のマツモの外見はそれなりに似ているかもしれません。
 
参考文献
 
角野康郎 著.2014. ネイチャーガイド 日本の水草.326 pp. 文一総合出版,東京.
 
邑田 仁 監修. 米倉浩司 著. 2012. 日本維管束植物目録. 379 pp. 北隆館,東京.
 
米倉浩司・梶田忠 2003-「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info(2015年10月10日閲覧).
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ緑色植物亜界有胚植物上門被子植物

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る