フトイギス Campylaephora crassa
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年11月19日
 
フトイギス(太海髪)
Campylaephora crassa (Okamura) Tak. Nakamura 1950: 166, figs 6, 7.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イギス目(Order Ceramiales),イギス科(Family Ceramiaceae),イギス連(Tribe Ceramieae),エゴノリ属(Genus Campylaephora
 
Basionym
  Ceramium crassum Okamura 1930: 26, pl. 269.
 
Type locality: 神奈川県 江ノ島
Lectotype: SAP herb. Yendo
 
フトイギス Campylaephora crassa
押し葉標本(採集地:千葉県 銚子市 海鹿島;採集日:2008年6月20日;採集者:鈴木雅大)
 
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 19 November 2011.
 
Nakamura, T. 1950. New Ceramium and Campylaephora from Japan. Scientific Papers of the Institute of Algological Research, Faculty of Science, Hokkaido Imperial University 3: 155-172.
 
岡村金太郎 1930. 日本藻類図譜 第6巻. 東京(自費出版)
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目イギス科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る