Chondracanthus okamurae
作成者:鈴木雅大 作成日:2019年10月14日
 
Chondracanthus okamurae I.A. Abbott 1998: 103, 104, fig. 14.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),スギノリ科(Family Gigartinaceae),スギノリ属(Genus Chondracanthus
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),スギノリ科(Family Gigartinaceae),スギノリ属(Genus Chondracanthus
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),スギノリ目(Order Gigartinales),スギノリ科(Family Gigartinaceae),スギノリ属(Genus Chondracanthus
 
Type locality: 本州中部.
Holotype: 岡村(1908)の第35圖版のfig. 3.
 
Chondracanthus okamurae
撮影地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);撮影日:2016年3月23日;撮影者:鈴木雅大
 
Chondracanthus okamurae
採集地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);採集日:2018年8月11日;撮影者:鈴木雅大
 
Yang & Kim (2016) は,日本と韓国においてカイノリ(Chondracanthus intermediusと呼ばれてきた種の見直しを行い,カイノリ(C. intermedius),C. okamuraeC. cincinnusの3種に分けられるとしました。3種の内,C. okamuraeは,Abbott (1998)がカイノリ(C. intermedius)に充てられていたサンプルの中から新種として区別,記載したものです。Masuda et al. (1999) はC. okamuraeを認めず,カイノリの異名同種(シノニム)としていました。Yang & Kim (2016) は,rbcL遺伝子とcox1遺伝子の配列を用いた分子系統解析を基にC. okamuraeを再評価し,独立の種であることを示しました。カイノリ(C. intermedius)とC. okamuraeは,本州太平洋沿岸において同じ分布域に生育していることが示唆されており,著者がこれまでカイノリ(C. intermedius)と同定していたサンプルの中にもC. okamuraeが混じっているかもしれません。カイノリ(C. intermedius)とC. okamuraeの違いは,枝が円柱形に近いかどうかで,C. okamuraeは枝の基部近くで円柱形になります。このため2種を同定するには,採集時に良くばらし,基部の形態を確かめる必要があります。本サイトで公開している淡路島のサンプルはDNA鑑定により,C. okamuraeであることを確かめています。DNA鑑定の結果を受け,改めて観察してみると,カイノリと比べると枝が円柱形又は扁圧で,扁平になる枝はほとんどありませんでした。枝の形態を基に2種を区別することは可能なようです。
 
参考文献
 
Abbott, I.A. 1998. Some new species and new combinations of marine red algae from the central Pacific. Phycological Research 46: 97-109.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2019. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 14 October 2019.
 
Masuda, M., Abe, T., Kawaguchi, S. and Phang, S.M. 1999. Taxonomic notes on marine algae from Malaysia I. six species of Rhodophyceae. Botanica Marina 42: 449-458.
 
岡村金太郎 1908. 日本藻類圖譜 第1巻 第7集.pp. 147-177. 東京.*自費出版
 
Yang, M.Y. and Kim, M.S. 2016. Molecular phylogeny of the genus Chondracanthus (Rhodophyta), focusing on the resurrection of C. okamurae and the description of C. cincinnus sp. nov. Ocean Science Journal 51: 517-529.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱スギノリ目スギノリ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る