オオバキントキ Prionitis schmitziana
作成者:鈴木雅大 作成日:2012年2月10日(2014年8月6日更新)
 
オオバキントキ(大葉金時)
Prionitis schmitziana Okamura 1899: 6.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イソノハナ目(Order Halymeniales),ムカデノリ科(Family Halymeniaceae),ヒラキントキ属(Genus Prionitis
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),ムカデノリ科(Family Halymeniaceae),キントキ属(Genus Prionitis)*Prionitis schmitzianaとして
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),スギノリ目(Order Gigartinales),ムカデノリ科(Family Halymeniaceae),ムカデノリ属(Genus Grateloupia
 
掲載情報
岡村 1902: 91; Kawaguchi 1989: 219. Figs 18-20; 1998: 732, 734. Pl. 3-57, Fig. C. Pl. 3-59, A.
 
Homotypic synonym
  Cryptonemia schmitziana (Okamura) Okamura 1910: 77. Pl. 69, Figs 1-9; 1936: 556. Fig. 261.
  Grateloupia schmitziana (Okamura) Kawaguchi & H.W. Wang in Wang et al. 2001: 258. Table 4.
その他の異名
  Cryptonemia wilsonis auct. non J. Agardh (1885); Okamura 1895: 475, Pl. 9, Figs 15-22.
 
Type locality: 神奈川県 江ノ島
Holotype specimen: SAP herb. Okamura(北海道大学大学院理学研究科植物標本庫 岡村金太郎コレクション)
 
分類に関するメモ:オオバキントキはPrionitis属の1種として記載された後,カクレイト属(Cryptonemia)に移され,その後再びPrionitis属のメンバーとされました。Wang et al. (2001)はPrionitis属とされていた日本産種をムカデノリ属(Grateloupia)のメンバーとし,オオバキントキをPrionitis属からムカデノリ属に移しました。Carderon et al. (2014) ,Kim et al. (2014) などによる遺伝子解析において,ムカデノリ属が多系統群であることが示され,一部の種類はPrionitis属に戻されています。Prionitis属のタイプ種であるP. ligulataの遺伝子解析が行われていないため,Prionitis属の範囲と定義は不確定ですが,本サイトでは,Carderon et al. (2014) とKim et al. (2014) の見解に従い,オオバキントキを暫定的にPrionitis属のメンバーとしました。
 
オオバキントキ Prionitis schmitziana
押し葉標本(採集地:神奈川県 藤沢市 片瀬東浜;採集日:2003年1月30日;採集者:鈴木雅大)
 
オオバキントキ Prionitis schmitziana
押し葉標本(採集地:神奈川県 鎌倉市 腰越漁港;採集日:2007年12月21日;採集者:鈴木雅大)
 
オオバキントキ Prionitis schmitziana
押し葉標本(採集地:神奈川県 藤沢市 片瀬東浜;採集日:2009年12月5日;採集者:鈴木雅大)
 
形態変異の激しい種類で,時に同種とはとても思えないような変化を見せます。著者は紅藻の形態変異には慣れておりますが,本種の形態変異には毎回のように驚かされます。老成した個体を思わずカジメ(褐藻)の葉の切れ端と間違えそうになったこともあります。著者の恩師 故 吉﨑 誠 博士(東邦大学名誉教授)は,本種があまりに節操なく形を変えるため「大馬鹿キントキ」と呼んでおられました。ヒラムカデ(Grateloupia lividaなどと同様,形態変異の激しい紅藻の1つと考えられます。
 
参考文献
 
Calderon, M.S., Boo, G.H. and Boo, S.M. 2014. Morphology and phylogeny of Ramirezia osornoensis gen. & sp. nov. and Phyllymenia acletoi sp. nov. (Halymeniales, Rhodophyta) from South America. Phycologia 53: 23-36.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2012. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 09 February 2012.
 
Kawaguchi, S. 1989. The genus Prionitis (Halymeniaceae, Rhodophyta) in Japan. Journal of the Faculty of Science, Hokkaido University, Series V (Botany) 16: 193-257.
 
川口栄男 1998. むかでのり科. In: 吉田忠生 著. 新日本海藻誌. pp. 697-734. 内田老鶴圃,東京.
 
Kim, S.Y., Manghisi, A., Morabito, M., Yang, E.C., Yoon, H.S., Miller, K.A. and Boo, S.M. 2014. Genetic diversity and haplotype distribution of Pachymeniopsis gargiuli sp. nov. and P. lanceolata (Halymeniales, Rhodophyta) in Korea, with notes on their non-native distributions. Journal of Phycology 50: 885-896.
 
Okamura, K. 1895. New or little known algae from Japan. Botanical Magazine, Tokyo 9: 445-455; 472-482. Plate IX.
 
Okamura, K. 1899. Contributions to the knowledge of the marine algae of Japan. III. Botanical Magazine, Tokyo 13: 2-10, 35-43, Plate I.
 
岡村金太郎 1902. 日本藻類名彙. 276 pp. 敬業社, 東京.
 
岡村金太郎 1910. 日本藻類圖譜 第2巻 第5集.東京.*自費出版
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌. 964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Wang, H.W., Kawaguchi, S., Horiguchi, T. and Masuda, M. 2001. A morphological and molecular assessment of the genus Prionitis J. Agardh (Halymeniaceae, Rhodophyta). Phycological Research 49: 251-262.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イソノハナ目

日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イソノハナ目ムカデノリ科ヒラキントキ属オオバキントキ

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る