カサネイツツギヌ Halopeltis adnata
作成者:鈴木雅大;作成日:2020年12月20日
 
カサネイツツギヌ(重五衣)
Halopeltis adnata (Okamura) G.W. Saunders & C.W. Schneider in Schneider et al. 2012: 101. Fig. 2.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),マサゴシバリ目(Order Rhodymeniales),マサゴシバリ科(Family Rhodymeniaceae),カサネイツツギヌ属(Genus Halopeltis
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),マサゴシバリ目(Order Rhodymeniales),マサゴシバリ科(Family Rhodymeniaceae),マサゴシバリ属(Genus Rhodymenia
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),マサゴシバリ目(Order Rhodymeniales),マサゴシバリ科(Family Rhodymeniaceae),カサネイツツギヌ属(Genus Halopeltis
 
Basionym
  Rhodymenia adnata Okamura 1934: 35. Pl. 319, Figs 1-7; 岡村 1936: 678; 吉田 1998: 858. Pl. 3-81, Fig. B; 宮田ら 2002: 41; Lee 2008: 405.
 
Type locality: 千葉県 館山
Holotype specimen: SAP herb. Okamura(北海道大学大学院理学研究科植物標本庫 岡村金太郎コレクション)
 
日本における分布
  本州太平洋中部沿岸,九州西岸.
 
海外の分布
  Korea (Lee 2008).
 
分類に関するメモ:Schneider et al.(2012)は,本種をマサゴシバリ属(Rhodymenia)からHalopeltis属に移しました。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2020. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 20 December 2020.
 
Lee, Y. 2008. Marine algae of Jeju. 177 pp. Academy Publication, Seoul.
 
宮田昌彦・菊地則雄・千原光雄 2002. 千葉県産大型海産藻類目録. 千葉県立中央博物館自然誌研究報告 特別号 第5号. pp. 9-57.
 
岡村金太郎 1934. 日本藻類圖譜 第7巻 第4集.東京. *自費出版.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌. 964 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
Schneider, C.W., Freshwater, D.W. and Saunders, G.W. 2012. First report of Halopeltis (Rhodophyta, Rhodymeniaceae) from the non-tropical Northern Hemisphere: H. adnata (Okamura) comb. nov. from Korea, and H. pellucida sp. nov. and H. willisii sp. nov. from the North Atlantic. Algae 27: 95-108.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱マサゴシバリ目マサゴシバリ科カサネイツツギヌ属カサネイツツギヌ

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る