イソハナビ Sahlingia subintegra
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年2月8日
 
イソハナビ(磯花火)
Sahlingia subintegra (Rosenvinge) Kornmann 1989: 227, figs 1, 6-13.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),原始紅藻亜門(Subphylum Proteorhodophytina),オオイシソウ綱(Class Compsopogonophyceae),エリスロペルティス目(Order Erythropeltidales),ホシノイト科(Family Erythrotrichiaceae),イソハナビ属(Genus Sahlingia
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),原始紅藻亜綱(Subclass Bangiophycidae),エリスロペルティス目(Order Erythropeltidales),ホシノイト科(Family Erythropeltidaceae),イソハナビ属(Genus Erythrocladia
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),エリスロペルティス目(Order Erythropeltidales),ホシノイト科(Family Erythrotrichiaceae),イソハナビ属(Genus Sahlingia
 
Basionym
  Erythrocladia subintegra Rosenvinge 1909: 73, figs 13, 14.
 
Type locality: Møllegrund, Skagerrak, off Hirshals, Denmark.
 
イソハナビ Sahlingia subintegra
採集地:台湾 基隆市 潮境;採集日:2009年5月11日;撮影者:鈴木雅大
 
紅藻チリモミジ属(Reinboldiella)の体上に着生していたもので,1.0%コットンブルーで染色しているため,青色に染まっています。なお,刺胞動物にイソハナビ(Acabaria japonicaという和名を持つ種がいる他,陸上植物のイソマツの別名としても「イソハナビ」が使われており,動植物・藻類で同じ和名がみられるのは珍しい例と言えます。「花火」という単語が,日本人の心象風景として思い描きやすいのかもしれません。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 8 Feburary 2011.
 
Kornmann, P. 1989. Sahlingia nov. gen. based on Erythrocladia subintegra (Erythropeltidales, Rhodophyta). British Phycological Journal 24: 223-228.
 
Rosenvinge, L.K. 1909. The marine algae of Denmark. Contributions to their natural history. Part I. Introduction. Rhodophyceae I. (Bangiales and Nemalionales). Kongelige Danske Videnskabernes Selskabs Skrifter, 7. Række, Naturvidenskabelig og Mathematisk Afdeling 7: 1-151, Figs 1-73, Plates I, II.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌 1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門オオイシソウ綱

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る