ベニスナゴ Schizymenia dubyi
作成者:鈴木雅大 作成日:2019年7月6日
 
ベニスナゴ(紅砂子)
Schizymenia dubyi (Chauvin ex Duby) J. Agardh
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),ヒメウスギヌ目(Order Nemastomatales),ベニスナゴ科(Family Schizymeniaceae),ベニスナゴ属(Genus Schizymenia
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),ベニスナゴ科(Family Schizymeniaceae),ベニスナゴ属(Genus Schizymenia
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),スギノリ目(Order Gigartinales),ベニスナゴ科(Family Schizymeniaceae),ベニスナゴ属(Genus Schizymenia
 
ベニスナゴ Schizymenia dubyi
撮影地:千葉県 銚子市 アシカ島;撮影日:2016年4月26日;撮影者:鈴木雅大
 
ベニスナゴ Schizymenia dubyi
 
ベニスナゴ Schizymenia dubyi
撮影地:千葉県 銚子市 アシカ島;撮影日:2009年5月27日;撮影者:鈴木雅大
 
ベニスナゴ Schizymenia dubyi
採集地:神奈川県 鎌倉市 七里ヶ浜;採集日:2019年5月20日;採集者:鈴木雅大
 
ベニスナゴ Schizymenia dubyi
葉状部の拡大写真(採集地:神奈川県 鎌倉市 七里ヶ浜;採集日:2019年5月20日)
 

成熟すると果胞子体が体表面に斑点状に散在します。この様子が砂子のように見えることかあ「紅砂子」と名付けられたと考えられています(注)。

注.顕微鏡で観察した際,腺細胞が体表面に散在する様子が砂子のようだからという説もあります。

 
ベニスナゴ Schizymenia dubyi
押し葉標本(採集地:千葉県 銚子市 アシカ島;採集日:2008年6月20日;採集者:鈴木雅大)
 
ベニスナゴ Schizymenia dubyi
押し葉標本(採集地:新潟県 佐渡市 小木 矢島・経島(佐渡島);採集日:2017年4月25日;採集者:鈴木雅大)
 
 
参考文献
 
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る