Yonagunia palmata
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年12月8日
 
Yonagunia palmata Showe M. Lin, Y.-C. Chuang & De Clerck in Lin et al. 2020: 1546, Figs 4, 5.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イソノハナ目(Order Halymeniales),ムカデノリ科(Family Halymeniaceae),ヨナグニソウ属(Genus Yonagunia
 
Type locality: Makang, New Taipei City, Taiwan(台湾 新北市 馬崗)
Holotype specimen: HAST 145308
 
Yonagunia palmata
 
Yonagunia palmata
押し葉標本(採集地:台湾 台北縣 國聖灣(野柳)(現 新北市 國聖灣);採集日:2009年5月19日;採集者:鈴木雅大)
 
台湾で"チャボキントキ(Yonagunia maillardii)"と呼ばれてきた種類の1つです。Lin et al. (2020)は台湾のヨナグニソウ属(Yonagunia)の分類を整理し,「チャボキントキ」がチャボキントキ(Y. maillardii),Y. palmataY. taiwani-borealisの3種に分けられることを明らかにしました。台湾北東部に位置する國星湾で採集したものは,体が扁平で,目立った中肋を持たないこと,先端部の枝が手の平状に分岐することから,Y. palmataと同定しました。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2020. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 08 December 2020.
 
Lin, S.-M., De Clerck, O., Leliaert, F. and Chuang, Y.-C. 2020. Systematics and biogeography of the red algal genus Yonagunia (Halymeniaceae, Rhodophyta) from the Indo-Pacific including the description of two new species from Taiwan. Journal of Phycology 56: 1542-1556.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イソノハナ目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る