タマジュズモ Chaetomorpha moniligera
作成者:鈴木雅大 作成日:2012年2月14日
 
タマジュズモ(玉数珠藻)
Chaetomorpha moniligera Kjellman 1897: 24, pl. 4, figs. 17-23.
 
緑藻植物門(Phylum Chlorophyta),アオサ藻綱(Class Ulvophyceae),シオグサ目(Order Cladophorales),シオグサ科(Family Cladophoraceae),ジュズモ属(Genus Chaetomorpha
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:緑藻綱(Class Chlorophyceae),シオグサ目(Order Cladophorales),シオグサ科(Family Cladophoraceae),ジュズモ属(Genus Chaetomorpha
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:緑藻綱(Class Chlorophyceae),シオグサ目(Order Cladophorales),シオグサ科(Family Cladophoraceae),ジュズモ属(Genus Chaetomorpha
 
Type locality: "Shirisappu" [Yachigashira, Hakodate], Hokkaido, JAPAN (北海道 尻沢辺(尻沢部)*現 函館市 谷地頭町)
Type specimen: Unknown?
 
タマジュズモ Chaetomorpha moniligera   タマジュズモ Chaetomorpha moniligera
押し葉標本(採集地:岩手県 下閉伊郡 山田町 船越漁港;採集日:2003年8月25日;採集者:鈴木雅大)
 
タマジュズモ Chaetomorpha moniligera
押し葉標本(採集地:新潟県 両津市 虫崎(現 佐渡市 虫崎);採集日:2003年11月7日;採集者:鈴木雅大)
 
タマジュズモ Chaetomorpha moniligera
スケッチ(採集地:新潟県 両津市 虫崎(現 佐渡市 虫崎);採集日:2003年11月7日;採集者:鈴木雅大)
 
潮間帯下部の岩上に群生します。小さい盤状の付着部から直立し,体は糸状で分枝しません。高さ25 cmに達します。体上部の細胞は大きく,体下部に向かって漸次小さくなります。手触りは柔らく,色は黄緑色です。基部近くの細胞は円柱形で,直径 231-277 μm,長さは直径の2-2.5倍。体の上方に向かって細胞は球形に近付き,体中部では樽形,体上部では球形となります。上部の細胞は直径1. 5 mmに達します。介生生長し,分裂した細胞は概ね等しい大きさです。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2012. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 14 February 2012.
 
Kjellman, F.R. 1897. Marina Chlorophyceer fran Japan. Bihang K. Sv. Vet.-Akad. Handl. Afd. 3. 23: 1-44.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ緑色植物亜界アオサ藻綱シオグサ目シオグサ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る