緑色植物亜界 Subkingdom Viridiplantae Cavalier-Smith 1981
作成日:2011年2月8日(2019年6月1日更新)
 
Viridiplantae
緑色植物亜界の系統関係:Leliaert et al. (2012, 2016), Laurin-Lemay et al. (2012), Marin (2012),Wickett et al. (2014)を下に作図しました。「?」は系統関係が不明瞭であることを示しています。
 

緑色植物亜界(Viridiplantae)はクロロフィルa, bを持つ事,デンプンを葉緑体内に貯蔵すること,長さの等しい2本の鞭毛を持つ事で特徴付けられます。Adl et al. (2005, 2012, 2019) はこのグループに相当する名称としてChloroplastidaを提唱しています。本サイトではChloroplasitidaの分類階級が定まっていないことから,暫定的に緑色植物亜界(Viridiplantae)を採用しました。

緑色植物亜界は,ストレプト植物と呼ばれる陸上進出を果たしたグループと,そうでないグループ(緑藻植物)に分けられます。Ruggiero et al. (2015)は,ストレプト植物をストレプト植物下界(Infrakingdom Streptophyta),緑藻植物を緑藻植物下界(Infrakingdom Chlorophyta)として,分類階級に基づく分類体系を提唱しています。Adl et al. (2005, 2012, 2019)は,近年の体系学(systematics)に基づいた階級分けを提示していますが,各グループの分類階級はバラバラです。参考のため,緑色植物/緑色藻類に関するRuggiero et al. (2015)の分類体系とAdl et al. (2019)の体系を抜粋しました。

 

Ruggiero et al. (2015)の分類体系

  植物界 Kingdom Plantae

    緑色植物亜界 Subkingdom Viridiplantae

      緑藻植物下界 Infrakingdom Chlorophyta

        緑藻植物門 Phylum Chlorophyta *下界と同一の名称

      ストレプト植物下界 Infrakingdom Streptophyta

        車軸藻植物上門 Superphylum Charophyta

          車軸藻植物門 Phylum Charophyta *上門と同一の名称

        有胚植物上門 Superphylum Embryophyta

          ツノゴケ植物門 Phylum Anthocerotophyta

          マゴケ植物門 Bryophyta

          ゼニゴケ植物門 Marchantiophyta

          維管束植物門 Tracheophyta

 

Adl et al. (2019)の体系 *分類階級は定められていない。

  Archaeplastida

    Chloroplastida

      Chlorophyta *緑藻植物門

      Streptophyta *ストレプト植物門

        Chlorokybus *クロロキブス属

        Mesostigma *メソスティグマ属

        Klebsormidiophyceae *クレプソルミディウム藻綱

        Phragmoplastophyta

          Zygnematophyceae *接合藻綱

          Coleochaetophyceae *コレオケーテ藻綱

          Charophyceae *車軸藻綱

          Embryophyta *有胚植物門

 
これまで発表されてきた緑色植物/緑色藻類の系統関係を鑑みれば,Adl et al. (2019)の階級分けが妥当ではないかと思いますが,分類階級による整理が出来ていません。本サイトでは,Ruggiero et al. (2015)の分類体系を基に系統関係を可能な限り反映させた分類体系を模索し,以下のような分類体系としました。維管束植物門の門の階級を崩すと,綱以下の分類体系が大きく崩れるため,有胚植物上門は維持し,クレブソルミディウム藻類,車軸藻類,コレオケーテ藻類,接合藻類はそれぞれ門の階級として,フラグモプラスト植物(Phragmoplastophyta)の下に置きました。フラグモプラスト植物の分類階級は下界と上門の間に相当しますが,現時点では分類階級の無いクレード名になります。メソスティグマ藻類,クロロキブス藻類はそれぞれ門の階級として,ストレプト植物下界の下に置きました。これらの分類体系は本サイトにおける便宜上の措置であり,より一般的な分類体系が提唱されるまでの暫定的なものになります。
 

本サイトで暫定的に示している分類体系

  アーケプラスチダ Archaeplastida ≒ 植物界 Kingdom Plantae

    緑色植物亜界 Subkingdom Viridiplantae

      緑藻植物下界 Infrakingdom Chlorophyta

            緑藻植物門 Phylum Chlorophyta *下界と同一の名称

      ストレプト植物下界 Infrakingdom Streptophyta

            メソスティグマ藻植物門 Phylum Mesostigmatophyta

            クロロキブス藻植物門 Phylum Chlorokybophyta

            クレブソルミディウム藻植物門 Phylum Klebsormidiophyta

        フラグモプラスト植物 Phragmoplastophyta *分類階級なし(下界と上門の間に相当)

            車軸藻植物門 Phylum Charophyta

            コレオケーテ藻植物門 Phylum Coleochaetophyta

            接合藻(ホシミドロ)植物門 Phylum Zygnematophyta

          有胚植物上門 Superphylum Embryophyta

            ツノゴケ植物門 Phylum Anthocerotophyta

            マゴケ植物門 Bryophyta

            ゼニゴケ植物門 Marchantiophyta

            維管束植物門 Tracheophyta

 
緑藻植物下界 Infrakingdom Chlorophyta
 
緑藻植物門 Phylum Chlorophyta
*緑藻綱,トレボウクシア藻綱,アオサ藻綱,パルモフィルム藻綱を含みます。
 
ストレプト植物下界 Infrakingdom Streptophyta
 
メソスティグマ藻植物門 Phylum Mesostigmatophyta
 
       
メソスティグマ藻綱        
Mesostigma viride        
撮影:鈴木雅大;埼玉県 川越市 鯨井        
 
クロロキブス藻植物門 Phylum Chlorokybophyta
 
       
クロロキブス藻綱        
Chlorokybus        
撮影:        
 
クレブソルミディウム藻植物門 Phylum Klebsormidiophyta
 
       
クレブソルミディウム藻綱        
クレブソルミディウム属の1種        
撮影:        
 
フラグモプラスト植物 Phragmoplastophyta
*車軸藻類,コレオケーテ藻類,接合藻類,有胚植物を含みます。Phragmoplastophytaは分類階級ではなく体系学上のクレード名です。本サイトでは下界(Infrakingdom)と上門(Superphylum)の間の位置で用いています。
 
車軸藻植物門 Phylum Charophyta
 
       
車軸藻綱        
シャジクモ        
撮影:鈴木雅大;茨城県 つくば市 天久保        
 
コレオケーテ藻植物門 Phylum Coleochaetophyta
 
       
コレオケーテ藻綱        
コレオケーテ属の1種        
撮影:        
 
接合藻(ホシミドロ)植物門 Phylum Zygnematophyta
*チリモ類,ミカヅキモ,アオミドロ,ホシミドロの仲間を含みます。
 
有胚植物上門 Superphylum Embryophyta
*コケ植物,ヒカゲノカズラ植物,シダ植物,裸子植物,被子植物などの陸上植物を含みます。
 
参考文献
 
Laurin-Lemay, S. Brinkmann, H. and Philippe, H. 2012. Origin of land plants revisited in the light of sequence contamination and missing data. Current Biology 22: R593-R594.
 
Leliaert, F., Smith, D.R., Moreau, H., Herron, M.D., Verbruggen, H., Delwiche, C.F. and De Clerck, O. 2012. Phylogeny and Molecular Evolution of the Green Algae. Critical Reviews in Plant Sciences 31:1–46.
 
Leliaert, F., Tronholm, A., Lemieux, C., Turmel, M., De Priest, M.S., Bhattacharya, D., Karol, K.G., Fredericq, S., Zechman, F.W. and Lopez-Bautista, J.M. 2016. Chloroplast phylogenomic analyses reveal the deepest-branching lineage of the Chlorophyta, Palmophyllophyceae class. nov.. Scientific Report 6: 25367.
 
Marin, B. 2012. Nested in the Chlorellales or independent class? Phylogeny and classification of the Pedinophyceae (Viridiplantae) revised by molecular phylogenetic analyses of complete nuclear and plastid-encoded rRNA operons. Protist 163: 778-805.
 
Ruggiero, M.A., Gordon, D.P., Orrell, T.M., Bailly, N., Bourgoin, T., Brusca, R.C., Cavalier-Smith, T., Guiry, M.D. and Kirk, P.M. 2015. A higher level classification of all living organisms. PLoS ONE 10: e0119248.
 
Wickett, N.J. et al. 2014. Phylotranscriptomic analysis of the origin and early diversification of land plants. PNAS 111: E4859-E4868.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る