Paulinella sp.
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年1月28日(2018年1月13日更新)
 
ポーリネラ属の1種
Paulinella sp.
 
リザリア下界(Infrakingdom Rhizaria),ケルコゾア門(Phylum Cercozoa),インブリカテア綱(Class Imbricatea),Silicofilosea,ユーグリファ目(Order Euglyphida),ポーリネラ科(Family Paulinellidae),ポーリネラ属(Genus Paulinella
 
Paulinella
 
Paulinella
 
Paulinella   Paulinella
 
採集地:千葉県 我孫子市 手賀沼;採集日:2010年10月24日;撮影者:鈴木雅大
 
珪酸質の殻を持つアメーバ状の単細胞生物で,細胞内にシアネレ(cyanelles)もしくはクロマトフォア(chromatophores)と呼ばれる青緑色の色素体を持ち,光合成による独立栄養生活をしています。細胞内共生によってシアノバクテリアをオルガネラ化したと考えられており,アーケプラスチダ(緑色植物,紅藻類,灰色藻類)以外では唯一の例です(中山・石田 2008)。Paulinella属は,これまでP. chromatophora 1種類のみと考えられてきましたが,2016, 2017年にP. longichromatophoraP. microporaが相次いで記載されました(Kim & Park 2016, Lhee et al. 2017)。Paulinella chromatophoraP. microporaは淡水産,Paulinella longichromatophoraは海産です。手賀沼で採集したものは,P. chromatophoraP. microporaではないかと思いますが,これらの種を正確に区別するには電子顕微鏡で殻の鱗片の形状を観察する必要があります。本サイトではポーリネラ属の1種(Paulinella sp.)としました。
 
参考文献
 
Kim, S. and Park, M.G. 2016. Paulinella longichromatophora sp. nov., a new marine photosynthetic testate amoeba containing a chromatophore. Protist 167: 1-12.
 
Lhee, D., Yang, E.C., Kim, J.I., Nakayama, T., Zuccarello, G., Andersen, R.A. and Yoon, H.S. 2017. Diversity of the photosynthetic Paulinella species, with the description of Paulinella micropora sp. nov. and the chromatophore genome sequence for strain KR01. Protist 168: 155-170.
 
中山 剛・山口晴代 2018. プランクトンハンドブック.144 pp. 文一総合出版,東京.
 
中山卓郎・石田健一郎 2008. もう一つの一次共生? -Paulinella chromatophoraとそのシアネレ-.原生動物学雑誌 41: 27-31.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rリザリア下界

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る