監修・執筆:鈴木雅大 2021年10月31日
 
掲載種数:4種,1変種(要検討1変種)
 
チスジノリ目 Order THOREALES K.M. Müller, Sheath, A.R. Sherwood & Pueschel in Müller et al. (2002)
 
  チスジノリ科 Family Thoreaceae Hassall, 1845
   
  オキチモズク属 Genus Nemalionopsis Skuja, 1934 [詳細情報]
      オキチモズク Nemalionopsis shawii Skuja [詳細情報+画像]
        [= Nemalionopsis tortuosa Yoneda & Yagi]
        [= Nemalionopsis shawii f. tortuosa (Yoneda & Yagi) Yamada & Okada]
        Note: オキチモズクはNemalionopsis tortuosaに充てられてきましたが,Johnston et al. (2018) は遺伝子解析に基づき,N. tortuosaN. shawiiの異名同種(シノニム)としました。Nemalionopsis shawiiの和名は引き続き「オキチモズク」とするのが適当でしょう。
   
  チスジノリ属 Genus Thorea Bory, 1808 [詳細情報]
    シマチスジノリ Thorea gaudichaudii C. Agardh [詳細情報]
    ミヤコチスジノリ Thorea gaudichaudii var. sp. [要検討] [詳細情報]
        Note: 熊野ら(2002)は,沖縄県宮古島野城泉に生育するThorea gaudichaudiiについて,シマチスジノリの新分類群である可能性を指摘し,藤田(2012)は「ミヤコチスジノリ」の和名を与えています。2002年に筑波大学で開催された国際学会(Asian Pacific Phycological Forum joint Conference Algae 2002)でT. gaudichaudiiの変種に相当することが指摘されていますが,正式な記載は行われておりません。
    フトチスジノリ Thorea hispida (Thore) Desvaux [詳細情報]
      チスジノリ Thorea okadae Yamada [詳細情報]
        [Thorea ramosissima auct. non Bory (1808); 新崎 (1937)]
   
参考文献
 
藤田喜久 2012. 宮古島のヌグスクガー(野城泉)におけるチスジノリ属の現状.宮古島市総合博物館紀要 16: 45-52.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2021. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 31 October 2021.
 
Johnston, E.T., Dixon, K.R., West, J.A., Buhari, N. and Vis, M.L. 2018. Three gene phylogeny of the Thoreales (Rhodphyta) reveals high species diversity. Journal of Phycology 54: 159-170.
 
熊野 茂・香村真徳・新井彰吾・佐藤裕司・飯間雅文・洲澤 譲・洲澤多美枝・羽生田岳昭・三谷 進 2002. 1995年以降に確認された日本産淡水産紅藻の産地について.藻類 50: 29-36.
 
 
日本淡水産紅藻リスト(仮)紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱ウミゾウメン亜綱チスジノリ目
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る