カヅノアミジ Dictyota divaricata auct. non J.V. Lamouroux (1809)
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2015年7月20日
 
カヅノアミジ(鹿角網地)
Dictyota divaricata auct. non J.V. Lamouroux (1809)
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),アミジグサ亜綱(Subclass Dictyotophycidae),アミジグサ目(Order Dictyotales),アミジグサ科(Family Dictyotaceae),アミジグサ連(Tribe Dictyoteae),アミジグサ属(Genus Dictyota
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),アミジグサ目(Order Dictyotales),アミジグサ科(Family Dictyotaceae),アミジグサ属(Genus Dictyota
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),アミジグサ目(Order Dictyotales),アミジグサ科(Family Dictyotaceae),アミジグサ属(Genus Dictyota
 
掲載情報
岡村 1913: 31. Pl. 108, Figs 1-8; 1936: 162; 田中 1998: 213.
 
分類に関するメモ:De Cleark (2003) はDictyota divaricataD. dichotoma var. intricataとの異名(シノニム)とし,AlgaebaseではD. divaricataD. implexaの異名(シノニム)としています。日本のカヅノアミジが大西洋のD. divaricataD. dichotoma var. intricata,あるいはD. implexaと同種かどうか分類学的な検討が必要です。

本種の和名は「カズノ」か「カヅノ」かで仮名遣いに混乱が見られますが,本リストでは,「現代仮名遣い」(内閣告示 1986)に従い,「カヅノ」を用いました。(コラム「海藻和名問題」参照)

 
カヅノアミジ Dictyota divaricata
押し葉標本(採集地:新潟県 両津市 見立(現 佐渡市 見立);採集日:2002年9月10日;採集者:鈴木雅大)
 
カヅノアミジ Dictyota divaricata
体先端部
 
カヅノアミジ Dictyota divaricata
体の横断面
 
カヅノアミジ Dictyota divaricata
体の縦断面
 
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2015. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 20 July 2015.
 
Lamouroux, J.V.F. 1809. Observations sur la physiologie des algues marines, et description de cinq nouveaux genres de cette famille. Nouveau Bulletin des Sciences, par la Société Philomathique de Paris 1: 330-333.
 
岡村金太郎 1913. 日本藻類圖譜 第3巻 第2集.内田老鶴圃,東京.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
田中次郎 1998. 2.5 あみじぐさ目.In: 吉田忠生 著.新日本海藻誌.pp. 205-234. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱アミジグサ目
 
日本産海藻リスト黄藻植物門褐藻綱アミジグサ亜綱アミジグサ目アミジグサ科アミジグサ連アミジグサ属カヅノアミジ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る