イトアミジ Dictyota linearis
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2014年3月29日
 
イトアミジ(糸網地)
Dictyota linearis (C. Agardh) Greville 1830: xliii.
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),アミジグサ亜綱(Subclass Dictyotophycidae),アミジグサ目(Order Dictyotales),アミジグサ科(Family Dictyotaceae),アミジグサ連(Tribe Dictyoteae),アミジグサ属(Genus Dictyota
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),アミジグサ目(Order Dictyotales),アミジグサ科(Family Dictyotaceae),アミジグサ属(Genus Dictyota
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),アミジグサ目(Order Dictyotales),アミジグサ科(Family Dictyotaceae),アミジグサ属(Genus Dictyota
 
掲載情報
岡村 1913: 29. Pl. 107; 1936: 162; Tanaka et al. 1997: 144-148. Figs 1-13; 田中 1998: 216.
 
Basionym
  Zonaria linearis C. Agardh 1820: 134.
 
Syntype locality: Cadiz, Spain or American coast
Type specimen: LD?.
 
分類に関するメモ:Algaebaseは,Dictyota linearisD. implexaの異名(シノニム)としています。出典を確認出来ていないため,本サイトでは扱いを保留しました。
 
イトアミジ Dictyota linearis
押し葉標本(採集地:新潟県 両津市 見立(現 佐渡市 見立);採集日:2002年9月10日;採集者:鈴木雅大)
 
 
参考文献
 
Agardh, C.A. 1820. Species algarum. 169 pp. Lundae: ex officina Berlingiana.
 
Greville, R.K. 1830. Algae britannicae. 218 pp. Edinburgh & London: McLachlan & Stewart; Baldwin & Cradock.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2014. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 29 March 2014.
 
岡村金太郎 1913. 日本藻類圖譜 第3巻 第2集.内田老鶴圃,東京.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
田中次郎 1998. 2.5 あみじぐさ目.In: 吉田忠生 著.新日本海藻誌.pp. 205-234. 内田老鶴圃,東京.
 
Tanaka, J., Sano, A. and Kitayama, T. 1997. Reproductive structures of Dictyota linearis (Dictyotales, Phaeophyceae) from Japan. Bulletin of the National Science Museum, Series B (Botany) 23: 143-150.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱アミジグサ目
 
日本産海藻リスト黄藻植物門褐藻綱アミジグサ亜綱アミジグサ目アミジグサ科アミジグサ連アミジグサ属イトアミジ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る