カギウスバノリ Acrosorium ciliolatum
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年12月2日(2018年4月21日更新)
 
カギウスバノリ(鉤薄葉海苔)
Acrosorium ciliolatum (Harvey) Kylin 1924: 78.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イギス目(Order Ceramiales),コノハノリ科(Family Delesseriaceae),カシワバコノハノリ亜科(Subfamily Phycodryoideae),カクレスジ連(Tribe Cryptopleureae),ハイウスバノリ属(Genus Acrosorium
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),イギス目(Order Ceramiales),コノハノリ科(Family Delesseriaceae),ハイウスバノリ属(Genus Acrosorium)*Acrosolium venulosumとして
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),イギス目(Order Ceramiales),コノハノリ科(Family Delesseriaceae),ハイウスバノリ属(Genus Acrosorium)*Acrosolium venulosumとして
 
Basionym
  Nitophyllum ciliolatum Harvey 1855: 549.
Heterotypic synonym
  Acrosorium aglaophylloides Zanardini ex Kützing 1869: 3. Pl. 10.
  Nitophyllum venulosum Zanardini 1866: 143-146. Pl. II (XLIX).
  Acrosorium venulosum (Zanardini) Kylin 1924: 77. Fig. 60; 吉田 1998: 960.
その他の異名
  Nitophyllum uncinatum auct. non (Turner) J. Agardh (1852); 岡村 1902: 49; 1908: 123. Pl. 26, Figs 1, 6-11, 13, 16-19.
  Acrosorium uncinatum auct. non (Turner) Kylin (1924); 岡村 1936: 786. Fig. 379; 三上 1980: 113. Figs A, B.
 
Type locality: King George Sound, Western Australia
Lectotype specimen: TCD (Trinity College, Dublin, Ireland)
 
分類に関するメモ:カギウスバノリは,Acrosolium venulosumに充てられてきましたが,Womersley (2003) とWynne (2014) は,A. venulosumA. ciliolatumの異名同種(シノニム)としました。
 
カギウスバノリ Acrosorium ciliolatum
 
カギウスバノリ Acrosorium ciliolatum
採集地:福岡県 福津市 津屋崎;採集日:2018年4月18日;採集者:鈴木雅大
 
カギウスバノリ Acrosorium ciliolatum
押し葉標本(採集地:福岡県 福津市 津屋崎;採集日:2018年4月18日;採集者:鈴木雅大)
 
カギウスバノリ Acrosorium ciliolatum
 
カギウスバノリ Acrosorium ciliolatum
押し葉標本(採集地:千葉県 館山市 沖ノ島;採集日:2002年4月19日;採集者:鈴木雅大)
 
太平洋,大西洋,地中海などの世界各地で報告されている汎存種です。枝の先端部が明瞭な鉤状になることが特徴です。潮下帯に生育し,他の海藻に着生するほか,しばしば海岸に打ち上げられます。鉤状の枝という分かりやすい特徴を持つので,種同定困難な種の多いハイウスバノリ属(Acrosorium)の中では名前を付けやすい種類だと思います。とはいえ,鉤状枝を持つことを除けば,産地によって外形は大きく異なっており,これが形態変異によるものなのか,複数の種類を混同しているのか,現状では判断できません。いずれにしろモノグラフ的な研究が必要な仲間だと思います。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 2 December 2011.
 
Harvey, W.H. 1855. Some account of the marine botany of the colony of western Australia. Transactions of the Royal Irish Academy 22: 525-566.
 
Kylin, H. 1924. Studien über die Delesseriaceen. Acta Universitatis Lundensis 20: 1-111.
 
三上日出夫 1980. カギウスバノリ(紅藻,コノハノリ科)について.藻類 28: 113-116.
 
岡村金太郎 1902. 日本藻類名彙.276 pp. 敬業社,東京.
 
岡村金太郎 1908. 日本藻類圖譜 第1巻 第6集.東京.*自費出版
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Womersley, H.B.S. 2003. The marine benthic flora of southern Australia Part IIID Ceramiales- Delesseriaceae, Sarcomeniaceae, Rhodomelaceae. 533 pp. Australian Biological Resources Study & State Herbarium of South Australia, Canberra & Adelaide.
 
Wynne, M.J. 2014. The red algal families Delesseriaceae and Sarcomeniaceae. Koeltz Scientific Books, Königstein.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌.1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目コノハノリ科カシワバコノハノリ亜科
 
日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目コノハノリ科カシワバコノハノリ亜科カクレスジ連ハイウスバノリ属カギウスバノリ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る