イトシノブ Plumariella yoshikawae
作成者:鈴木雅大 作成日:2012年2月9日
 
イトシノブ(糸忍)
Plumariella yoshikawae Okamura 1930: 26. Pl. 268.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イギス目(Order Ceramiales),ランゲリア科(Family Wrangeliaceae),イトシノブ連(Tribe Plumarielleae),イトシノブ属(Genus Plumariella
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),イギス目(Order Ceramiales),イギス科(Family Ceramiaceae),イトシノブ属(Genus Plumariella
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),イギス目(Order Ceramiales),ランゲリア科(Family Wrangeliaceae),イトシノブ属(Genus Plumariella
 
掲載情報
岡村 1936: 724. Fig. 346; Itono 1979: 39. Figs 1-7; 1986: 156. Figs 1-13; 吉田 1998: 923-924. Pl. 3-91, Fig. A.
 
Type locality: Japan.
Type specimen: SAP Herb. Okamura(北海道大学大学院理学研究科植物標本庫 岡村金太郎コレクション)
 
イトシノブ Plumariella yoshikawae   イトシノブ Plumariella yoshikawae
採集地:神奈川県 逗子市 逗子海岸(打ち揚げ);採集日:2001年2月22日;採集者:吉﨑 誠・鈴木雅大
 
和名が似ているためイソシノブ(Euptilota articulataと混同する人がいます。著者が写真提供した藻類学会60周年記念DVDでも本種がイソシノブとされていました。編集の段階で取り違えが起きたのだと思います。イソシノブと本種は科レベルで異なっており,外形も顕微鏡で見た姿も全く異なります。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2012. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 9 Feburary 2012.
 
Itono, H. 1979. Vegetative structure of Plumariella yoshikawai Okamura (Ceramiaceae, Rhodophyta) and its systematic positon. Reports of the Faculty of Science, Kagoshima University 12: 39-49.
 
Itono, H. 1986. Female reproductive organization and systematic position of Plumariella yoshikawai Okamura (Ceramiaceae, Rhodophyta). Botanical Magazine, Tokyo 99: 155-167.
 
岡村金太郎 1930. 日本藻類圖譜 第6巻 第4集.東京.*自費出版
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌.1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目ランゲリア科

日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目ランゲリア科イトシノブ連イトシノブ属イトシノブ

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る