ナンカイベニハネモ Balliella subcorticata
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2021年6月5日
 
ナンカイベニハネモ(南海紅羽藻)
Balliella subcorticata (Itono) Itono & Tak. Tanaka in Huisman 2018: 380. Figs 109G-I.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イギス目(Order Ceramiales),イギス科(Family Ceramiaceae),ウスムラサキ連(Tribe Delesseriopseae),ナンカイベニハネモ属(Genus Balliella
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),イギス目(Order Ceramiales),イギス科(Family Ceramiaceae),ナンカイベニハネモ属(Genus Balliella
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),イギス目(Order Ceramiales),イギス科(Family Ceramiaceae),ナンカイベニハネモ属(Genus Balliella
 
掲載情報
Itono 1977: 81, 192. Figs 7E, 34E, F; 吉田 1998: 880-881. Pl. 3-83, Figs E-G.
 
Basionym
  Antithamnion subcorticatum Itono in Huisman & Guiry 2017: 1.
 
Type locality: 鹿児島県 与論島
Type specimen: HI 196913(鹿児島大学)
 
分類に関するメモ:Itono (1969) は,ナンカイベニハネモをフタツガサネ属(Antithamnion)の1種として新種記載しましたが,発表時にラテン語の記載文(判別文)がなかったため,国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN)深圳規約(2018)において非正式名(invalid name)でした(ICN 39.1条)。Itono & Tanaka (1973) は,ナンカイベニハネモをフタツガサネ属からBalliella属に移しましたが,基礎異名であるA. subcorticatumが非正式名であるため,Itono & Tanaka (1973) による新組み合わせも非正式名となります(ICN 46.1条)。Huisman & Guiry (2017) は,Balliella subcorticataの命名法上の問題を解決するため,Itono (1969) の記載文を直接引用する形でA. subcorticatumを正式名として発表しました。Huisman & Guiry (2017) は,B. subcorticataについても新組み合わせを提唱しましたが,ICNにおいて,1本の論文上で種の記載と属の組み替えを同時に行うことは出来ないことから(ICN 36.3条,ミゾオキツノリ(Fredericqia chiharaeを参照),Huisman & Guiry (2017) が発表した"B. subcorticata"は,依然として非正式名でした(注)。Huisman (2018) が掲載したB. subcorticataについての記述・記載中に基礎異名及び引用があることから,B. subcorticataの名前は,Huisman (2018) において正式発表されたと認められました。

注.ICN36.3条によれば,Huisman & Guiry (2017) が正式名としたA. subcorticatumも非正式名(invalid name)となる可能性があり,命名規約を遵守するならば,Huisman & Guiry (2017) について訂正(corrigendum)が必要と考えられます。

 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2021. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 5 June 2021.
 
Huisman, J.M. 2018. Algae of Australia. Marine benthic algae of north-western Australia. 2. Red algae. 672 pp. ABRS & CSIRO Publishing, Canberra & Melbourne.
 
Huisman, J.M. and Guiry, M.D. 2017. Validation of the names Antithamnion subcorticatum Itono and Balliella subcorticata (Itono) Itono & Tak.Tanaka (Ceramiales, Rhodophyta). Notulae Algarum 33: 1-2.
 
Itono, H. 1969. The genus Antithamnion (Ceramiaceae) in southern Japan and adjacent waters-I. Memoirs of the Faculty of Fisheries, Kagoshima University 18: 29-45.
 
Itono, H. 1977. Studies on the ceramiaceous algae (Rhodophyta) from southern parts of Japan. Bibliotheca Phycologica 35: 1-499.
 
Itono, H. and Tanaka, T. 1973. Balliella, a new genus of Ceramiaceae (Rhodophyta). Botanical Magazine, Tokyo 86: 241-252.
 
吉田忠生. 1998. 新日本海藻誌.1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
 
日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目イギス科ウスムラサキ連ナンカイベニハネモ属ナンカイベニハネモ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る