モサダジア Dasya scoparia
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2012年2月9日
 
モサダジア
Dasya scoparia Harvey in J. Agardh 1841: 34-35.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イギス目(Order Ceramiales),コノハノリ科(Family Delesseriaceae),ダジア亜科(Subfamily Dasyoideae),ダジア属(Genus Dasya
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),イギス目(Order Ceramiales),ダジア科(Family Dasyaceae),ダジア属(Genus Dasya
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),イギス目(Order Ceramiales),ダジア科(Family Dasyaceae),ダジア属(Genus Dasya
 
掲載情報
岡村 1936: 801; 吉田 1998: 946. Pl. 3-92, Fig. A.
 
Type locality: C. B. Spei [Cape of Good Hope, South Africa]
Type specimen: LD?
 
モサダジア Dasya scoparia
押し葉標本(採集地:神奈川県 鎌倉市 七里ヶ浜(打ち揚げ);採集日:2004年4月8日;採集者:鈴木雅大)
 
神奈川県鎌倉周辺でしばしば打ち揚がるダジアの仲間です。著者は本州太平洋沿岸中部で本種以外のダジアの仲間に出会ったことがないので,この地域で採集したものは無条件で本種に同定していますが,たまにエナシダジア(Dasya sessilsと見間違うような個体が採れることがあります(注)。そもそもDasya scopariaに充てて良いのかという疑問もあり,分類学的検討が必要な仲間だと思います。

注.遺伝子解析によると,エナシダジアは本州太平洋沿岸中部にも生育しているそうで,見間違いではなくエナシダジアだった可能性があります。

 
参考文献
 
Agardh, J.G. 1841. In historiam algarum symbolae. Linnaea 15: 1-50, 443-457.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2012. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 9 Feburary 2012.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌.1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目コノハノリ科
 
日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目コノハノリ科ダジア亜科ダジア属モサダジア
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る